さよならマエストロロケ地(1話)ウィーン・富士市の撮影場所など全まとめ

さよならマエストロロケ地(1話)ウィーン・富士市の撮影場所など全まとめ

2024年1月14日にTBSの日曜劇場で放送した、ドラマ「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の第1話「それが彼の運命」のロケ地(撮影場所)がどこなのかを、地図やストリートビュー交えてご紹介いたします。聖地巡礼のご参考になれば幸いです。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の全話分のロケ地をまとめた一覧表のページはコチラ

オーケストラを扱った「のだめカンタービレ」と「リバーサルオーケストラ」のロケ地もまとめています。良かったらご参考ください。

目次

第1話のキャストとあらすじ

主なキャスト

ドラマ「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」の第1話の主な登場人物と出演者さんは以下です。

登場人物名 役者名
夏目俊平 西島秀俊さん
夏目響 芦田愛菜さん
森大輝(トランペット) 宮沢氷魚さん
倉科瑠季(フルート) 新木優子さん
谷崎天音 當真あみさん
羽野蓮(チェロ) 佐藤緋美さん
内村菜々(ティンパニー) 久間田琳加さん
夏目海 大西利空さん
夏目志帆 石田ゆり子さん
白石一生 淵上泰史さん
近藤益夫(バイオリン、コンサートマスター) 津田寛治さん
古谷悟史(ファゴット) 玉山鉄二さん
小村二朗 西田敏行さん

公式ホームページの相関図

あらすじ(ストーリー)

5年前、指揮者・夏目俊平(西島秀俊)は音楽の街・ウィーンで指揮台に立ち、聴衆を大いに沸かせた。しかし、俊平はその時知る由もなかった。娘・響(芦田愛菜)に最悪なことが起きていたことを。

5年後の2023年、秋。俊平は指揮者を辞めて、一人きりでウィーンの街にいた。家族は、彼の元を去っていったのだ。
そんな俊平のもとに、日本にいる志帆(石田ゆり子)から5年ぶりに連絡が入る。画家の志帆にフランスで仕事が入ったため、日本で子どもたちの面倒を見て欲しいと言う。
かくして、俊平は20年ぶりに帰国。しかし、響は俊平と目を合わせようともしない。おまけに音楽以外の能力がゼロの俊平は家事が一切できない。
そんな状態の中、父子3人の気まずい生活が始まる。

翌朝、夏目家にやって来たのは晴見市役所観光課の古谷悟史(玉山鉄二)。市民オーケストラ・晴見フィルハーモニーの団長でもある古谷は、存続の危機にある楽団の指揮を俊平に頼みにきたのだ。
実は、志帆が裏で古谷に指揮をすることを約束していたのだ。
しかし、俊平は古谷のお願いを固辞する。
一方、晴見市役所に勤めている響は、晴見フィルが演奏会や練習で使用している晴見あおぞら文化ホール担当になっていて、晴見フィルのメンバーで観光課の森大輝(宮沢氷魚)に俊平の話を聞かれるが、そっけない態度。
そんな中、俊平は晴見市長・白石一生(淵上泰史)から、晴見フィルが置かれた厳しい状況を聞かされる。
さらに、晴見フィルの練習に行った時に、あることを聞かされて・・・。

引用:TBSの公式ホームページの第1楽章あらすじより

脚本:大島里美さん
音楽:菅野祐悟さん
主題歌:「宝者」アイナ・ジ・エンドさん

第1話ロケ地

それでは第1話「それが彼の運命」のロケ地のご紹介です(視聴率は11.4%)。

シュテファン大聖堂:俊平がウィーンのホールへ走った時に通った教会

俊平がウィーンのホールへ行く時に通った教会は、オーストリアのウィーンにある「シュテファン大聖堂」です。「ウエスト・サイド・ストーリー」の作曲家としても知られる指揮者レナード・バーンスタイン。

その前に俊平が周りを見渡したのは以下の場所。

ベートーヴェン像:俊平がウィーンのホールへ走った時に通った像

俊平がウィーンのホールへ急いでいる時に通った像は、オーストリアのウィーンにある「ベートーヴェン像」です。急病の指揮者ブルーノ・ワルターの代役に抜擢されたのだ。

ウィーン国立歌劇場:俊平が指揮をしたウィーンのホールの外観

俊平が代役で指揮をしたウィーンのホールの外観は、オーストリアにある「ウィーン国立歌劇場」です。「今日は君がマエストロだ」。

東京都新宿区の東京オペラシティ コンサートホール:ウィーンのホールの内観

俊平が代役で指揮をしたウィーンのホールの内観は、東京都新宿区にある「東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル」です。「一生に一度のチャンスがパパに訪れたのは、パパが45歳の時だった」。俊平は懐中時計を譜面台に。

◆基本情報
住所:東京都新宿区西新宿3丁目20−2
最寄り駅:初台駅(京王線)

東京都墨田区の「すみだトリフォニーホール」:響がいた控室とヴァイオリンを弾いたホール

響がコンクール前にいた控室(楽屋)は、東京都墨田区にある「すみだトリフォニーホール」のB103楽屋だと思います。ノックの音が「ダダダダーン」に聞こえる。

また、俊平が手紙を書いている時の回想で響がヴァイオリンを弾いていたホールは、「すみだトリフォニーホール」の大ホールです。

◆基本情報
住所:東京都墨田区錦糸1丁目2−3
最寄り駅:錦糸町駅(JR中央・総武線など)

ウィーン総合病院:響が搬送された病院の外観

響が救急車で搬送された病院の外観は、オーストリアにある「ウィーン総合病院」です。ちょうど俊平が指揮するオーケストラの演奏が終わった頃。

東京都西東京市の武蔵野徳洲会病院:響が搬送された病院の内観

響が運ばれた病院の内観は、東京都西東京市にある武蔵野徳洲会病院だと思います。志帆が俊平に電話。「落ち着いて聞いて」。

同じ2024年の冬ドラマ「新空港占拠」「グレイトギフト」でも、武蔵野徳洲会病院がロケ地として使用されました。

◆基本情報
住所:東京都西東京市向台町3丁目5−48
最寄り駅:田無駅(西武新宿線)

潤井川沿い(富鷹橋のそば):響が自転車で通った川沿いの道

響が通勤時に自転車で通った川沿いの道は、潤井川沿い(富鷹橋のそば)です。小痴楽の落語を聞きながら。

下記で紹介するロケ地でも多く静岡県富士市が使われています。したがって「富士市=晴見市」と考えてもよいのではないでしょうか。

◆基本情報
住所:静岡県富士市岩本
最寄り駅:竪堀駅(JR身延線)

東京都多摩市のカナディアンコーヒーショップ:うたカフェ二朗の外観

小村が店主をしている「うたカフェ二朗」の外観は、東京都多摩市にある「カナディアンコーヒーショップ」です。大輝が小村に挨拶。そして小村が「アマポーラ~」と歌い、舟木一夫や三波春夫とかの話をしました。

◆基本情報
住所:東京都多摩市馬引沢1丁目15−1
最寄り駅:京王永山駅(京王相模原線)

静岡県富士宮市のギフト館サンライズの前の交差点:響がスタートダッシュした交差点

響と大輝が待った交差点は、静岡県富士宮市にあるギフト館サンライズの前の交差点です。響のスタートダッシュ、はやっ。

◆基本情報
住所:静岡県富士宮市西小泉町
最寄り駅:源道寺駅(JR身延線)

ウィーン国立音楽大学:ウィーン音楽大学の外観

ウィーン音楽大学の外観は、オーストリアにある「ウィーン国立音楽大学」です。俊平が職員をしていた大学。

東京都三鷹市の国際基督教大学:ウィーン音楽大学の中庭と内観

ウィーン音楽大学の中庭と内観は、東京都三鷹市にある国際基督教大学です。日本人の学生を案内。焼き栗を渡して、幸運を祈ります。

◆基本情報
住所:東京都三鷹市大沢3丁目10−2
最寄り駅:新小金井駅(西武多摩川線)

神奈川県の大和市役所:晴見市役所と晴見市議会が開かれた会議室

響が勤めている晴見市役所は、神奈川県にある大和市役所です。あおぞらホール勤務に異動。晴見市の公式キャラクターは「はるみん」。また、晴見市議会が開かれた会議室は、大和市役所の大和市議会議場です。

※「はるみん」のグッズはTBSショッピングにて購入できます。

◆基本情報
住所:神奈川県大和市下鶴間1丁目1−1
最寄り駅:鶴間駅(小田急江ノ島線)

静岡県の富士市文化会館 ロゼシアター:晴見市あおぞら文化ホールの外観

晴見市あおぞら文化ホールの外観は、静岡県にある「富士市文化会館 ロゼシアター」です。志帆が俊平に5年ぶりに電話。パン代の話を持ち出します。

「富士市文化会館 ロゼシアター」は2024年1月でオープン約30年です(1993年11月にオープン)。ドラマでは古谷が大ホールでオープン40年と言っているので、現実とは10年ほど差があります。ただし施設は大・中・小のホール、練習室もあります。

◆基本情報
住所:静岡県富士市蓼原町1750
最寄り駅:富士駅(JR東海道本線/JR身延線)

千葉県の成田国際空港:俊平が帰国した空港

俊平が20年ぶりに日本に帰国した空港は、千葉県にある成田国際空港です。スーツケースは無事。いい国だ。

◆基本情報
住所:千葉県成田市古込1−1
最寄り駅:成田空港駅(京成本線など)

静岡県富士市岩本の展望所:響がため息をついた場所

響が帰宅途中に坂を上ってため息をついた場所は、静岡県富士市岩本の展望所です。工場など見渡せるキレイな景色。

◆基本情報
住所:静岡県富士市岩本
最寄り駅:竪堀駅(JR身延線)

静岡県の山本橋(潤井川):響が帰宅途中に通った橋

響が帰宅途中に自転車で通った橋は、潤井川に架かる山本橋です。美しい富士山。

◆基本情報
最寄り駅:富士根駅(JR身延線)

静岡県富士市天間の一軒家:夏目家の外観

夏目家の外観は、静岡県富士市天間にある一軒家です。「ペー」。海の実物は大きい。

上記の山本橋のそばだったので公開はしますが、見学の際は近隣の方のご迷惑にならないようご注意ください。よろしくお願いいたします。

なお、内観はセットです。以下はインスタの番組公式アカウントの俊平のエプロン姿。

◆基本情報
住所:静岡県富士市天間7
最寄り駅:富士根駅(JR身延線)

神奈川県横浜市青葉区のフィリアホール:瑠季が練習していたホール

瑠季が古谷に電話したホールは、神奈川県横浜市青葉区にある「フィリアホール」です。日オケ(日本アンサンブルオーケストラ)の試用期間なので、フルートのお願いは無理。

なお、オーケストラを扱ったドラマ「のだめカンタービレ」でもフィリアホールはロケ地として使用されています(ロケ地ページはコチラ)。

◆基本情報
住所:神奈川県横浜市青葉区青葉台2丁目1−1 青葉台東急スクエア South-1 本館 5階
最寄り駅:青葉台駅(東急田園都市線)

東京都豊島区の「東京音楽大学 池袋キャンパス」の100周年記念ホール:あおぞらホール

晴見市あおぞら文化ホールの大ホール(あおぞらホール)は、東京都豊島区にある「東京音楽大学(東京音大) 池袋キャンパス」の100周年記念ホールです。定期演奏会があり、晴見フィルハーモニーは結成40年。しかしオーケストラは廃団の危機。

また、菜々が失敗してしまった全国合奏コンクール静岡県大会のホールも100周年記念ホールです。

東京音楽大学の公式ホームページの以下にリンクしたページより、本ホールの写真と説明を見ることができます。

東京音楽大学の公式ホームページ「建学の精神と理念」のページ

◆基本情報
住所:東京都豊島区南池袋3丁目4
最寄り駅:鬼子母神前駅(都電荒川線)

東京都豊島区の「東京音楽大学 池袋キャンパス」のJ館スタジオ:晴見フィルハーモニーの練習場

晴見フィルハーモニーが練習している場所は、東京都豊島区にある「東京音楽大学 池袋キャンパス」のJ館スタジオです。「運命」。俊平は毎回顔を出し、毎回ちゃんとアドバイス。即興でシンフォニーを作曲、餃子をタレにちょんするようにスタッカート。

あおぞらホールの中ホールという設定みたいです。

◆基本情報
住所:東京都豊島区南池袋3丁目4
最寄り駅:鬼子母神前駅(都電荒川線)

東京都府中市の東京外国語大学:晴見市あおぞら文化ホールのロビー

晴見市あおぞら文化ホールのロビーは、東京都府中市にある東京外国語大学です。市長の白石が俊平に挨拶。「クラシック音楽のファンは全人口の1パーセント以下」。音楽で町は潤わない。

というわけで、第1話の段階で「晴見市あおぞら文化ホール」の建物の構成は以下になります。

  • 外観:富士市文化会館ロゼシアター
  • ロビー:東京外国語大学
  • 大ホールと中ホール:東京音楽大学 池袋キャンパス

東京外国語大学は中央広場・円形回廊がよくロケに使われている印象です。晴見市あおぞら文化ホールのロビーとして使われているのは研究講義棟。使われた作品としてはドクターX(2021)などが挙げられます。

◆基本情報
住所:東京都府中市朝日町3丁目11−1
最寄り駅:多磨駅(西武多摩川線)

静岡県富士市岩本の茶畑:大輝がトランペットの練習をした茶畑

大輝がトランペットの練習をしていた茶畑は、静岡県富士市岩本の茶畑です。鳥の鳴き声。ベートーヴェン先生が散歩中に聞いたという説。

前クールのTBSドラマ「マイ・セカンド・アオハル」の広瀬アリスさん演じるヒロインの実家近くの茶畑が富士市でした。このロケ地の場所もすぐそばだったので、同時期に撮影された可能性があります。

以下の地図の場所はおおよそです。

◆基本情報
住所:静岡県富士市岩本
最寄り駅:入山瀬駅(JR身延線)

東京都新宿区の「スタジオユアーズ下落合スタジオ」:近藤家

近藤家が住んでいるのは、東京都新宿区にある「スタジオユアーズ下落合スタジオ」です。ダダダダーンはカミさんが包丁を使う音。怖い感じじゃなくて愛情たっぷりの。

◆基本情報
住所:東京都新宿区下落合4丁目7−5
最寄り駅:下落合駅(西武新宿線)

神奈川県鎌倉市の北鎌倉たからの庭:志帆が住んでいた家

古谷が入っていった家は、神奈川県鎌倉市にある北鎌倉たからの庭です。志帆の姿。

◆基本情報
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1418
最寄り駅:北鎌倉駅(JR横須賀線/JR湘南新宿ライン)

特定できたロケ地は以上です。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。

現在と1つ前のクール、最近放送したスペシャルドラマのロケ地はトップページ(ホーム)、過去のドラマのロケ地は検索等からお探しいただけます。