イポーの行き方もこれで安心!ペナン島から電車を使って行く方法

イポーの行き方もこれで安心!ペナン島から電車を使って行く方法

マレーシアのペナン島には、世界遺産ジョージタウンやビーチリゾートなどたくさんの観光地があります。しかし「ほかの街にも行ってみたい」という方は、少し足を伸ばしてイポーへ行ってみるのも1つの手。

そこでこのページでは、ペナン島からフェリー(Rapid Ferry)とマレー鉄道(KTM)を使ってイポーへ行く方法をご説明いたします。

スポンサーリンク

移動手順

ペナン島からフェリーとマレー鉄道を使ってイポーへ行くには、次の手順を踏みます。

手順
  1. フェリー乗り場へ行く
  2. フェリーに乗る
  3. バタワース駅へ行く
  4. マレー鉄道のチケットを買う
  5. マレー鉄道に乗る
  6. イポー到着

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

フェリー乗り場へ行く

フェリー乗り場

ペナン島のフェリー乗り場まで行く方法は、「バス」「タクシー」「徒歩」の3種類。これらの方法を、自分の現在いる場所によって使い分けましょう。

具体的な使い分けは、以下の通りです。

自分のいる場所 おすすめの移動手段
ジョージタウン郊外 タクシー
ジョージタウンの中心部 無料巡回バス「CAT」
フェリー乗り場の近く 徒歩

これだけだと少しわかりにくいので、それぞれの移動手段について補足いたします。

■ タクシー

一般車

ジョージタウンの郊外にいて効率よく移動したい方は、タクシーを利用しましょう。その際は、Grabという配車アプリを使うのがおすすめです。Grabには、主に以下のメリットがあります。

Grabを利用するメリット
  • 乗車場所と降車場所をあらかじめ決められる
  • ルートを決めた時点で料金がわかる
  • 通常のタクシーより安い
  • カード決済ができる
  • ドライバーは今までの利用者から5つ星で評価されているため信頼できる
  • きれいな車が多い

Grabを利用してフェリー乗り場に行く場合は、次の5ステップです。

  • 乗車場所を自分のいる場所、降車場所をフェリー乗り場(Penang Ferry)に指定
  • 指定した場所に車が来るので乗車
  • フェリー乗り場到着
  • 現金払いの場合はあらかじめ決まっている料金を支払う
  • アプリ内でドライバーを評価する

■ 無料巡回バス「CAT」

コムター1階のバスターミナルそば

「ジョージタウンの中心部にいるけど、フェリー乗り場まで歩くには少し遠い」という方は、CATを利用するのがおすすめです。CATとはジョージタウン内を無料で巡回しているバスで、以下リンクのルートを走ります。

【CATの巡回ルート】
https://moovitapp.com/index/en/public_transit-line-CAT-Penang-5390-1122251-697572-0

このルート付近にいるのであれば、CATを利用することで効率の良い移動が可能。本数は約20分に1本、降りる場所は「Jetty」というバス停です。降りる場所が不安な方は、乗車中にGoogleマップで自分のいる場所を確認しながら移動しましょう。

■ 徒歩

歩いている様子

フェリー乗り場が目と鼻の先にある方は、当然ですが交通機関を利用する必要はありません。徒歩でフェリー乗り場へ行きましょう。

スポンサーリンク

フェリーに乗る

フェリーに架けられた舷梯

フェリー乗り場に着いたら、以下の流れでフェリーに乗ります。

フェリーに乗るまでの流れ
  1. 屋根付きの通路を歩いて待合室へ向かう
  2. フェリーへの連絡路が開くまで待つ
  3. 係員が連絡路を開けたらフェリーへ乗り込む

運行間隔は30分に1本程度。ペナン島からバタワースに行く料金は無料です(バタワースからペナン島に行く料金は1.2リンギット)。

コツ1
  • ペナン島からバタワースへ行くフェリーの料金は無料
フェリーの内観

フェリーの中はこんな感じでイスが並べられています。もちろん、席は好きな場所に座ってオッケーです。

フェリーから見たペナン島

フェリーの先端に行って、心地よい風を感じながら景色を眺めることも可能。

フェリー内部の売店

売店もあるので、飲み物やお菓子を買うこともできます。

乗船時間は約30分。フェリー内を見てまわっていたら、あっという間に対岸に着きます。

コツ2
  • フェリーの乗船時間は約30分
スポンサーリンク

バタワース駅へ行く

フェリーを降りたら、マレー鉄道のバタワース(Butterworth)駅に向かいます。ペナン島へ戻るときは、このカウンターでチケットを購入。

KTMへの案内板

ところどころに「KTM」と書かれた案内板があるので、迷う心配はありません。

コツ3
  • フェリーを降りたあとにバタワース駅へ行くには案内板に従って進む
ペナン・セントラルの入口

ペナン・セントラルという建物の中を通過。

ペナン・セントラルのバスチケットカウンター

途中にバスのチケットカウンターもあります。

バタワース駅の外観

バタワース駅到着。フェリーを降りてからかかる時間は5分程度です。タクシーの運転手に声を掛けられますが、豪快に無視して駅の中に入りましょう。

スポンサーリンク

マレー鉄道のチケットを買う

バタワース駅のKTMチケットカウンター

バタワース駅の中に入ったら、マレー鉄道のチケットを購入します。その際は、マレー鉄道のホームページで席を予約しておくと発行がスムーズです。

【マレー鉄道のホームページ】
https://www.ktmb.com.my/index.html

コツ4
  • マレー鉄道のチケット発行はホームページで席を予約しておくとスムーズ

チケットの料金は次のようになっています。

バタワースからイポーのチケット料金
  • ETS GOLD:33リンギット
  • ETS PLATINUM:42リンギット

「GOLD」と「PLATINUM」の違いは、到着までの時間です。しかし、バタワースからイポーの間であればほとんど変わらないので、自分の予定に合う電車のチケットを買うことをおすすめします。

マレー鉄道のチケット

発行してもらえるチケットはこんな感じ。駅のホームへは発車時間が近づくまで降りることができないので、先ほど通ったペナン・セントラルに戻るなどして時間を潰しましょう。

スポンサーリンク

マレー鉄道に乗る

バタワース駅の待合所

発車時刻が近くなると、駅のホームに降りるゲートが開きます。

マレー鉄道の車両

ホームに降りると電車がすでに到着しているので、チケットで指定されている席に座りましょう。

マレー鉄道の車内

席は日本の電車と変わらない広さできれいです。車内は冷房が効きすぎて若干寒いので、羽織る服を用意しておくことをおすすめします。

マレー鉄道の注意書き

「禁煙」や「ペット禁止」などの注意書きです。最低限のマナーを守って乗車するのは、マレーシアも変わりません。

マレー鉄道のテレビ

席によってはテレビもあります。

イポーまでは約1時間40分。発車後には一度、駅員さんがチケットを確認しに来ます。各駅に停まる前には、英語とマレー語でアナウンスがあるので聞き逃さないようにしましょう(テレビにも次の駅がどこかを映しているので、そっちで確認するのもアリです)。

コツ5
  • マレー鉄道の乗車時間は約1時間40分(乗車後チケット確認あり)

イポー到着

イポー鉄道駅の構内

イポーに到着したら、あとは駅のゲートを通るだけです。ただし、イポー鉄道駅はイポーの観光スポットの1つなので、構内を少し見学していくと良いと思います。

スポンサーリンク

コツのおさらい

コツ
  1. ペナン島からバタワースへ行くフェリーの料金は無料
  2. フェリーの乗船時間は約30分
  3. フェリーを降りたあとにバタワース駅へ行くには案内板に従って進む
  4. マレー鉄道のチケット発行はホームページで席を予約しておくとスムーズ
  5. マレー鉄道の乗車時間は約1時間40分(乗車後チケット確認あり)

慣れない土地での移動には苦労がつきもの。しかしあらかじめ情報を集めておけば、そんな不安を抱えずに旅行を楽しむことができます。

そしてぜひペナン島からイポーへ足を伸ばして、「もやしチキン」などのローカルフード「洞窟寺院」などの観光を体感してみてみましょう。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。