ドラマ「恋する母たち」のロケ地・撮影場所まとめ

ドラマ「恋する母たち」のロケ地・撮影場所まとめ

2020年10月から放送を開始した、木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さん、小泉孝太郎さん、磯村勇斗さん、阿部サダヲさんらが出演するドラマ「恋する母たち」。柴門ふみさん原作、大石静さん脚本のこのドラマは、悩みや秘密を抱える母たちが新たな恋に落ちる姿を描いたラブストーリーです。

そこでこのページでは、ドラマ「恋する母たち」の中で特定できたロケ地(撮影場所)を、各話のあらすじと合わせてご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

第六話~最終話(第九話)のロケ地はコチラです。

目次

キャスト

ドラマ「恋する母たち」の主な登場人物と出演されている役者さんの名前は以下です。

登場人物名 役者名
石渡杏 木村佳乃さん
林優子 吉田羊さん
蒲原まり 仲里依紗さん
斉木巧 小泉孝太郎さん
赤坂剛 磯村勇斗さん
山下のり子 森田望智さん
斉木由香 瀧内公美さん
林大介 奥平大兼さん
蒲原繁秋 宮世琉弥さん
石渡研 藤原大祐さん
石渡慎吾 渋川清彦さん
蒲原繁樹 玉置玲央さん
林シゲオ 矢作兼さん
石渡綾子 夏樹陽子さん
今昔亭丸太郎 阿部サダヲさん
スポンサーリンク

ロケ地とあらすじ

それでは「恋する母たち」の中で特定できたロケ地を、各話のあらすじと合わせてご紹介いたします。あらすじは物語の内容をざっくり思い出すために書いていますので、「必要ないよ」という方は読み飛ばしちゃってください。

第一話

第一話のあらすじ

2002年9月、杏、優子、まりの三人は結婚し、1年後に出産。そして2008年5月、それぞれの家族は三者三様の生活を送っていた。
ところがある日、杏の夫・慎吾の横領が判明し、そのまま駆け落ち。その事実をいっしょに駆け落ちした女性の夫・斉木巧が伝えに来て、腹いせに杏は一夜を共にする。

2019年4月、杏の息子・研が名門高校の麻蔵学園に合格。保護者会に参加した杏はまりと親しくなり、「意外とみんな不倫してる」ことを聞く。
一方、優子は息子・大介の不登校、まりは夫・繁樹の不倫と息子・繁秋の態度に悩んでいた。そんなとき、まりは友人から有名人が集まるチャリティパーティーに誘われる。

チャリティパーティーに参加したまりは、落語界の逸材・今昔亭丸太郎と出会う。しかも丸太郎から興味を持たれ、適当な理由で独演会のチケットをプレゼントされる始末。
しかし独演会で見せた姿は、パーティーの丸太郎とは別人だった。心躍ったまりは、帰宅した後に丸太郎へ感謝のメールを送る。

なかなか返信が来ないのをもどかしく思っていたとき、丸太郎から着信。毎日メールを読んでいたことを伝えられ、ドライブデートに誘われる。
2か月後、成績不振の繁秋と関心のない繁樹にイラついたまりは丸太郎とデート。ずっとハンドルを譲らなかったが終了間際、丸太郎から突然キスをされる。

そのころ、杏は斉木から慎吾の居場所がわかったという連絡を受け取っていた。なんと慎吾は、別の女性と与論島で暮らしているのだという。

第一話で特定できたロケ地は以下です。

ヒルトン東京お台場

杏と慎吾が結婚式を挙げた場所は、東京都港区にあるヒルトン東京お台場です。具体的な会場は「ルーチェマーレ」。窓の向こうに見える海やレインボーブリッジが絶景でした。

【参考サイト】
ヒルトン東京お台場「挙式会場」
<https://www.hiltonwedding.jp/odaiba/detail/ceremony/>

住所:東京都港区台場1丁目9−1

シャルマンシーナ東京

優子とシゲオが結婚式を挙げた場所は、東京都渋谷区にあるシャルマンシーナ東京です。具体的な会場は「CRYSTAL CHAPEL」。その名の通り、光によって輝くクリスタルが印象的でした。

【参考サイト】
シャルマンシーナ東京「CRYSTAL CHAPEL」
<https://tokyo.charmantscena.com/space/ceremony/>

住所:東京都渋谷区神宮前4丁目5−6

ハートコート横浜

まりと繁樹が結婚式を挙げた場所は、神奈川県にあるハートコート横浜です。会場の名前は「大聖堂」。ステンドグラスは、イギリスにある大聖堂から譲り受けたそうです。

【参考サイト】
ハートコート横浜「大聖堂」
<https://www.heart-court.jp/facility/chapel.html>

住所:神奈川県横浜市港北区大豆戸町507−4

ルミエラガーデンズガーデンステージ

林家(優子やシゲオ)が住むマンションは、神奈川県横浜市にあるルミエラガーデンズガーデンステージです。物語の中では、「キャトルガーデン品川」という名前でした。

住所:神奈川県横浜市都筑区北山田2丁目27−3

シティタワー武蔵小杉

蒲原家(まりや繁樹)が住むタワーマンションの外観は、神奈川県川崎市にあるシティタワー武蔵小杉です。物語中の名前は「グランシティタワー」でした。

住所:神奈川県川崎市中原区市ノ坪449−3

ブリリアマーレ有明

蒲原家が住むタワーマンションの内観は、東京都江東区にあるブリリアマーレ有明です。中からはレインボーブリッジなどが見渡せるきれいな部屋でした。

※このページを見た方から情報をいただきました。ありがとうございます。

住所:東京都江東区有明1丁目4−11

狛江市役所

杏が身元不明者を聞きに来た「西嶺警察署」は、東京都の狛江市役所です。しかし慎吾の行方はわからず、「もう少し待ってみます」と言いその場を後にしました。

住所:東京都狛江市和泉本町1丁目1−5

オーバカナル紀尾井町店

杏が斉木に「メールのやり取りを見せて」と言ったお店は、東京都千代田区にあるオーバカナル紀尾井町店です。それは、心に突き刺さったままの「好き」という感情を取り除くための手段でした。

住所:東京都千代田区紀尾井町4−1 新紀尾井町ビル 1F

ホテルビアンカドゥエ

杏と斉木が入ったホテルは、東京都豊島区にあるホテルビアンカドゥエです。そして二人はお互いの相手同士で駆け落ちした腹いせに、一夜をともにしてしまいます。

住所:東京都豊島区北大塚3丁目22−1

美竹不動産

杏が働いている不動産屋「高根不動産」は、東京都大田区にある美竹不動産です。オーナーの高根は突然パートしなければならなくなった理由を聞き、杏を採用することにしました。

住所:東京都大田区北嶺町11−14

横浜富士見丘学園中等教育学校

麻蔵学園として使われているのは、神奈川県の横浜富士見丘学園中等教育学校です。第一話では、保護者会や成績不振を理由に呼び出された場面で、杏、優子、まりが同じ教室に集まりました。

住所:神奈川県横浜市旭区中沢1丁目24−1

大手町プレイスイーストタワー

優子が働いている「コジカフーズ」のビルは、東京都千代田区にある大手町プレイスイーストタワーです。向かって左上には、「KOJIKA」というロゴが装飾されていました(もちろん実際には存在しません)。

住所:東京都千代田区大手町2丁目3−2

共栄武道具

杏が研の柔道着を買いに来たお店は、東京都千代田区にある共栄武道具です。しかし定休日であることを見逃していたため、結局買うことができませんでした。

住所:東京都千代田区神田須田町2丁目1−1

VAJRA -TOTAL CARE SALON-

まりがマッサージを受けていたお店は、東京都港区にある「VAJRA -TOTAL CARE SALON-」です。ここでまりは、杏から電話で柔道着の相談を受けました。

住所:東京都港区六本木6丁目7−14 1F

クオーツタワー

蒲原法律事務所の内観として使われているのは、東京都渋谷区にあるクオーツタワーです。繁樹とのり子が働きながら不倫している場所でもあります。

※このページを見た方から情報をいただきました。ありがとうございます。

住所:東京都渋谷区渋谷2丁目10−10

料亭山屋

まりが丸太郎の独演会を見に来たお店は、埼玉県川越市にある料亭山屋です。パーティーとは違う丸太郎の姿を見たまりは、自然に笑みがこぼれ少し丸太郎に興味を持ちます。

住所:埼玉県川越市幸町11−2

Jimmy Choo

まりが買い物していた靴屋は、東京都渋谷区にある「Jimmy Choo」です。店から出たまりは、独演会後初めて丸太郎からの電話を手にしました。

住所:東京都渋谷区神宮前4丁目12−10

浅草寺

丸太郎がまりに電話をかけた場所は、東京都台東区にある浅草寺です。ここで丸太郎はメールを毎日見ていたことを伝え、まりをドライブデートに誘います。

具体的には五重塔と薬師堂の間。歩いていた先にはスカイツリーも見えていました。

住所:東京都台東区浅草2丁目3−1

Mr.FARMER駒沢公園店

まりが杏に不倫の相談をしたレストランは、東京都世田谷にある「Mr.FARMER駒沢公園店」です。丸太郎の話を聞いた杏は、「一回だけなら引き返せる」という経験談に基づいたアドバイスをしました。

住所:東京都世田谷区駒沢公園1−1−2

大観山

まりと丸太郎がドライブデートで来た場所は、神奈川県足柄下郡箱根町にある大観山です。しかしまりは車の中から一歩も出ず、美しい富士山を見ませんでした。もったいない…。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根

芦ノ湖スカイラインレストハウスレイクビュー

丸太郎がまりとのデート中に一人でお蕎麦を食べたお店は、神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖スカイラインレストハウスレイクビューです。お蕎麦を食べるときの音が、落語のときとそっくりでしたね。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町箱根381−1

大森東避難橋

「慎吾の居場所がわかった」と連絡を受けた杏が斉木と待ち合わせた橋は、東京都大田区にある大森東避難橋です。ここで杏は、慎吾が与論島にいることを斉木から聞くことになりました。

住所:東京都大田区大森東5丁目37−28

スポンサーリンク

第二話

第二話のあらすじ

斉木が与論島で会った慎吾は記憶を失っていた。しかも今は島で幸せに暮らしており、過去のことは知らなくて良いと思っているという。
一方、優子は赤坂とともにエレベーターに閉じ込められていた。その間は恋愛話になり、素敵な女性だと褒められ、「欠点は結婚してるってことです」と意味深な発言をされる。

翌朝、優子は大介がシゲオの前で見せる笑顔に苦悩。そんなとき会社から呼び出しの電話があり、家にいるより心が軽くなることに気付く。
会社に着くと、そこには赤坂もいた。いっしょに仕事をする間、優子は彼の発言や素振りを意識し、不覚にもドキドキしてしまう。

仕事が終わった後、優子は杏とまりに連絡。目的は、大介に頼まれた数学のプリントを渡すことだった。
そして流れで食事することになり、気づいたら夜に。すっかりできあがった杏は、林家とともに与論島へ行くことを約束する。

「丸太郎が人妻と不倫している」。斉木の働く出版社にそんなタレコミが入る。
そこで丸太郎を張っていた斉木は、二人の密会現場を撮影。杏と相談のもと、まりに「気を付けて会ったほうが良い」と忠告する。

与論島出発の日、優子は赤坂と京都出張、まりは丸太郎と動物園で密かに会っていた。そして島に到着した杏は、ホテルの浜辺で慎吾と再会する。

第二話で特定できたロケ地は以下です。

与論島

失踪した慎吾が暮らしていたのは鹿児島県の与論島でした。具体的には、次の場所がロケに使用されています。

  • 一般社団法人ヨロン島観光協会:斉木が慎吾と会った観光案内所
  • ビドウ遊歩道付近:斉木が慎吾に案内してもらった崖(第三話でも登場)
  • ヨロン駅:斉木が慎吾に案内してもらったヨロン駅
  • 楽園荘:慎吾が住んでいる民宿「潮波荘」
  • 与論空港:杏、シゲオ、大介が到着した空港
  • プリシアリゾートヨロン:杏が予約していたホテル / 慎吾が杏を待っていたビーチ

※第三話で登場した与論島のロケ地は、第三話の中に記載しています。

住所:鹿児島県大島郡与論町

入六通りと北一番街の交差点

優子が赤坂に「あそこ(ホテル)に入りましょうか」と言われた場所は、東京都大田区にある入六通りと北一番街の交差点です。しかし「からかわれている」と思った優子は誘いに応じず、タクシーで帰宅することにしました。

住所:東京都大田区大森北1丁目29

ジョナサン三鷹井口店

優子が杏とまりに数学のプリントを渡したレストランは、東京都三鷹市にあるジョナサン三鷹井口店です。その後三人で食事をし、杏は林家といっしょに与論島に行く約束をしました。

住所:東京都三鷹市井口2丁目3−3

豊岩稲荷神社

まりと丸太郎が密会してキスした場所は、東京都中央区にある豊岩稲荷神社です。ところがこのときの現場を、タレコミを受けていた斉木が写真に収めていました。

住所:東京都中央区銀座7丁目8

千葉市動物公園

まりが丸太郎と待ち合わせした動物園は、千葉県にある千葉市動物公園です。丸太郎はまりにもぱっと見バレないほど、見事な変装をしていました。

住所:千葉県千葉市若葉区源町280番地

東京駅前(行幸通り)

優子が京都出張の際に小森と待ち合わせしていた場所は、東京駅前にある行幸通りです。しかしそこには赤坂がおり、いっしょに京都へ行くことになってしまいました。

住所:東京都千代田区丸の内2丁目2

なお、第一話で登場した「大森東避難橋」が第二話でも登場。詳細は、与論島に出発する前に杏が斉木に電話をかけたシーンです。

スポンサーリンク

第三話

第三話のあらすじ

杏の顔を見ても、慎吾は何も思い出さなかった。彼が好きだと言っていた香水の匂い以外は。
意を決した杏は、慎吾に過去あった出来事をすべて伝える。そして、「慎吾」の漢字さえ書けない彼に離婚届を書いてもらうのだった。

コジカフーズが主催する京だしカレーうどんの試食会で突然停電が発生。優子が中止を決断しようとしたとき、機転を利かせた赤坂は大学時代の先輩に相談して解決してみせる。
その夜、ホテルの予約がツインだったため、優子は赤坂と同じ部屋で宿泊。「いつかこうなると思ってた」と考えながら、赤坂と一夜をともにする。

繁樹とのり子の浮気を録音した音声ファイルがまりの携帯に届く。そこで丸太郎に相談したまりは、三人で会うことを決断。
のり子の家に乗り込んだまりは、丸太郎との浮気を明かされてもしおらしく対応。懸命に隠そうとしていた繁樹だったが、その姿を見て家庭を壊したくないと考え、のり子に別れを告げる。

杏が与論島からの飛行機を降りると斉木が待っていた。するとその足で区役所に連れていかれ、離婚届けを提出する。
「ひとりになられたら言おうと思ってました」。
そう言い始めた斉木は杏に告白。混乱した杏は、答えを出さずその場を逃げ出してしまう。

パートの帰り道、杏は待ち伏せしていた斉木と遭遇。再度の申し出を了承し、新たな恋が動き出すのだった。

第三話で特定できたロケ地は以下です。

大宮駅

優子と赤坂が到着した京都駅は、埼玉県の大宮駅です。シーンの始めに映った外観は本物の京都駅ですが、二人が降りてきた階段は大宮駅が使用されていました。

住所:埼玉県さいたま市大宮区錦町

小江戸蔵里

コジカフーズが「京だしカレーうどん」の試食会を行った会場は、埼玉県川越市にある小江戸蔵里(こえどくらり)です。優子を陥れようとした常務の計画も、赤坂の機転によって見事阻止されました。

住所:埼玉県川越市新富町1丁目10−1

ホテルカデンツァ光が丘

優子と赤坂が宿泊した「京都グランドホテル(KYOTO GRAND HOTEL)」は、東京都練馬区にあるホテルカデンツァ光が丘です。ここでツインしか部屋が予約できていなかったことから、二人は一夜を共にしてしまいました。

住所:東京都練馬区高松5丁目8

THE BARBA TOKYO B1

丸太郎が来ていた理容院は、東京都千代田区にある「THE BARBA TOKYO B1」です。まりから音声ファイルの相談を受けた丸太郎は、のり子を撃退するために三人で会うことを提案しました。

住所:東京都千代田区内神田2丁目7−14トーハン第2ビルB1F

成田空港

斉木が杏を待っていた空港は、千葉県の成田空港です。杏を発見した斉木は、帰ってきてすぐにもかかわらずその足で区役所に連れて行きました。

住所:千葉県成田市古込1−1

さいたま市中央区役所

杏が離婚届けを提出した役所は、埼玉県のさいたま市中央区役所です。そして書類が受理された直後、杏は斉木からまさかの告白を受けました。

住所:埼玉県さいたま市中央区下落合5丁目7−10

プリヴェ(パレスホテル東京)

のり子の家に行く日、丸太郎が電話でまりを励ました場所は、東京都千代田区のパレスホテル東京内にあるプリヴェというお店です。「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせ、実際にまりはその言葉でのり子を撃退することに成功しました。

住所:東京都千代田区丸の内1丁目1

パラカ大久保第2

まりと繁樹がのり子の家に行くときに車を停めていた駐車場は、東京都新宿区にあるパラカ大久保第2です。車の中に入ってすぐ、繁樹は「すいませんでした」と頭を下げるも、まりはどこか冷めた表情をしていました。

住所:東京都新宿区大久保2丁目25−4

また、第三話で登場した与論島のロケ地は次の場所です。

  • 百合ヶ浜:杏と慎吾が来た海に突然浮き上がる砂浜
  • 味咲:杏と慎吾がカキ氷を食べたお店
  • ビドウ遊歩道付近:杏と慎吾が夕日を見た場所(第二話でも登場)
  • 与論城:杏が慎吾に妻であることを告げた場所
  • アネリア:杏が慎吾に離婚届のサインをしてもらったレストラン(プリシアリゾートヨロン内)
  • ひょうきん:杏、優子、シゲオが来たお店

※第二話で登場した与論島のロケ地は、第二話の中に記載しています。

なお、第一話で登場した「大森東避難橋」が第三話でも登場。詳細は、杏が斉木の告白をオッケーしたシーンです。

スポンサーリンク

第四話

第四話のあらすじ

赤坂とホテルに行き約束をすっぽかした優子は、帰ると突然シゲオから告げられる。「与論島でフリースクールの教師をしながら小説を書きたい」。
混乱した優子の頭にあるのは赤坂のこと。その結果、自分を捨ててほしいと願い、離婚をせがむ赤坂によく考えてみるよう促すのだった。

斉木との交際がスタートした杏の毎日は輝き始める。しかし研に斉木が慎吾と駆け落ちした女の元旦那であることだけは言えずにいた。
そんなとき、斉木の元妻である由香が訪問。研に隠していたことがバレてしまい、慎吾と同じように不倫をしていたと勘違いされた杏は「キモい」と言われてしまう。

考えが煮詰まった杏は優子とまりに連絡。悩みを二人に打ち明け、「諦めない方がいい」「研は大丈夫」と励ましてもらう。
状況を知って居ても立っても居られなかった斉木は、杏の勤める不動産屋へ。研に理解してもらえるよう順序立てて説明することを提案し、二人は愛を確かめ合う。

繁樹と温泉旅行に来たまりは美味しい料理を堪能。するとのり子から連絡があり、心配になった繁樹は帰ってしまう。
残されたまりが露天風呂に入っていると、隣の部屋から聞き覚えのある声が。そこにいたのは、一人になったことを聞いて駆けつけた丸太郎だった。

実家に帰ってよく考えたという赤坂は、岐阜から車を飛ばして優子に求婚。そんな二人のキスする姿を、与論島から帰ってきたシゲオが目撃する…。

第四話で特定できたロケ地は以下です。

小石川五丁目の交差点

斉木が自宅から杏を送った場所は、東京都文京区にある小石川五丁目の交差点(春日通りと播磨坂の交差点)です。そして二人は、次の日もまた会う約束をしました。

住所:東京都文京区小石川5丁目

山下公園

杏と斉木がデートしていた場所は、神奈川県横浜市にある山下公園です。二人は食べ物の話をし、斉木は小腹が空いた杏にポケットからお菓子を取り出して渡しました。

杏が好きだと言っていた「アナゴ入り太巻き」を販売しているのはココエブリィというコンビニ。これは、同じTBSドラマ「この恋あたためますか」に出てくるコンビニの名前です。

住所:神奈川県横浜市中区山下町279

リストランテベニーレベニーレ表参道原宿

斉木と研が初めて会ったレストランは、東京都渋谷区にあるリストランテベニーレベニーレ表参道原宿です。研は斉木の好きなものを次々に当てるという凄技を披露しました。

住所:東京都渋谷区神宮前4丁目31−10YMスクウェア原宿 5~6F

つきじ治作

優子が代理店とテレビ局の人との接待で来たお店は、東京都中央区にある「つきじ治作」です。接待の帰り道、優子はシゲオとの約束をすっぽかし、赤坂とホテルに向かいました。

住所:東京都中央区明石町14−19

SUNDAY

研、大介、繁秋がフライドポテトを食べながら話したお店は、東京都千代田区にあるSUNDAYです。ここで研は自分の母が不倫していたことを二人に打ち明けますが、繁秋の家庭が崩壊していることを聞いて衝撃を受けました。

住所:東京都千代田区神田三崎町3丁目10−4千代田ビル 1F

旧中川河津桜

杏と斉木が話した川沿いは、東京都江戸川区にある旧中川河津桜です。斉木は「順序立てて説明すれば研くんも理解してくれる」と話し、杏とベンチで抱き合いました。

住所:東京都江戸川区平井3丁目1−1

ゆとりろ庵

まりと繁樹が訪れた強羅温泉の宿は、神奈川県足柄下郡箱根町にある「ゆとりろ庵」です。繁樹が帰ってしまった後、一人になったまりの部屋の隣に丸太郎が現れました。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300−119

品川橋

エンディングで優子が赤坂に呼び出された「皆川橋」は、東京都の品川橋です。そして二人がキスする姿を、シゲオが目撃して第四話は終わりました。

住所:東京都品川区南品川1丁目4

スポンサーリンク

第五話

第五話のあらすじ

「大介を与論に連れていく。君は東京に残れ」。
仕事優先の優子に限界を感じていたシゲオはそう告げる。
一方、杏は研が家を出ていったことに焦燥。そしてまりは、子どもを理由に丸太郎と一線を越えないようにしていた。

赤坂に別れを伝えたタイミングで、優子は営業部長として千葉への転勤を言い渡される。しかし裏では、優子の役員昇進を阻止したい柳常務と加島宣伝部長の計略が動いていた。
同期からそのことを聞いた有馬は、赤坂を返してほしいあまり優子に交換条件を提示。「やましいことはない」と言い張った優子は、ひとみの提案を無下にする。

テレビ番組で自分の名誉を守るために平気で嘘をつく繁樹にまりはうんざり。そんなとき、繁秋が丸太郎に影響されて落語家に憧れていることを知る。
何かできないかと考えたまりは、丸太郎に繁秋の弟子入りを依頼。ところがダメ母であることを諭され、もちろん弟子入りの話も断られてしまう。

研の誤解が解けて安心した杏は斉木の住むマンションへ。するとそこにいたのは由香だった。
杏は斉木を問い詰めるあまり、「めんどくせぇな」と言われてしまう。一週間後、由香と会ったことを報告するために何度も電話するが、やっと話せた斉木の態度は冷たいものだった。

研が好きなことと自分のことも嫌いじゃないと聞いた優子は、与論に出発する大介を涙ながらに見送る。そのころ、杏が住むマンションの前には、与論にいるはずの慎吾が待っていた。

第五話で特定できたロケ地は以下です。

ニュー浅草本店

赤坂とキスしているところを見られた後に優子がシゲオと話したお店は、東京都台東区にあるニュー浅草本店です。限界だと感じていたシゲオは「きれいごと言うなよ!」と優子に激怒。そして優子は仕事で東京に残り、シゲオと大介が与論島に行くことが決定してしまいました。

住所:東京都台東区浅草1丁目35−3

カラオラ

優子と有馬が話したレストランは、東京都千代田区にあるカラオラです。有馬は「関係を黙っている代わりに赤坂から手を引いて」と交換条件を出しますが、うまく優子にかわされてしまいます。

住所:東京都千代田区大手町2丁目3−1プレイス ウエストタワB1階

縁側カフェ(昭和の家)

まりが「繁秋を弟子にして」と丸太郎に頼んだ古民家のお店は、東京都足立区にある縁側カフェ(昭和の家)です。しかし「子供のことになるとまるでダメ」と言われ、あっさり断られてしまいました。

住所:東京都足立区西保木間2丁目5−10

たまプラーザ美しが丘スカイマンション

斉木が住んでいるマンションは、神奈川県横浜市にある「たまプラーザ美しが丘スカイマンション」です。会いたくなった杏はマンションに向かうも、由香といっしょにいる斉木を目撃して立ち去ってしまいました。

住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2丁目4−1

野毛山公園

杏と斉木が由香のことで口論になった場所は、神奈川県横浜市にある野毛山公園です。ここで杏は斉木から、「めんどくせぇな」と辛らつな言葉を浴びてしまいました。

住所:神奈川県横浜市西区老松町

JTB・損保ジャパン日本興亜上野共同ビルの脇道

斉木が杏に電話をかけ直した道は、東京都台東区にあるJTB・損保ジャパン日本興亜上野共同ビルの脇道です。斉木は杏に「由香のことを話そうと思ったけどしたくなくなった」と言われ、特に追及もせずそのまま電話を切りました。

住所:東京都台東区上野2丁目7−13

金子入歩道橋近くのバス停

優子が大介を見送ったバス停は、神奈川県横浜市にある金子入歩道橋近くのバス停です。与論島に出発する前に「嫌いじゃない」と言われた優子は、別れを惜しんで涙ながらに見送りました。

※おそらく現在は使用されていないバス停だと思われます。

住所:神奈川県横浜市都筑区牛久保西2丁目20

なお、大介が与論島へ出発する前に研と話したお店は、第四話で登場した「SUNDAY」です。ここで大介は、大好きな研が遊びに来ると聞き心底喜びました。

第六話~最終話(第九話)のロケ地は、「次のページ」をクリックしてください。