ジョホールバルで外さないレストランは?おすすめグルメをご紹介

ジョホールバルで外さないレストランは?おすすめグルメをご紹介

マレーシアのジョホールバルは、マレー半島の最南端に位置しています。そのため、シンガポールからの日帰り旅行を計画したり、逆にシンガポールに行くための宿泊先として滞在する方も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、ジョホールバルでおすすめのグルメやレストランの雰囲気、注文・会計方法を、体験談交えてご紹介いたします。

スポンサーリンク

おすすめレストラン

Hua Mui(華美)

Hua Muiのチキンチョップ

「Hua Mui(華美)」は、ハイナンチキンチョップが名物の老舗レストランです。外はカリカリ、中はジューシー。噛んだ瞬間に肉汁が出てきて、お肉の旨みを感じることができます。コクのあるソースは、そのまま食べるのとは違った味を楽しませるアクセントです。

コツ1
  • 「Hua Mui(華美)」のハイナンチキンチョップは外がカリカリ中がジューシー

■ 基本情報

Hua Muiのメニュー表
Hua Muiの基本情報
営業時間 8:30~17:30
定休日 なし
お店の雰囲気 中国のローカルレストラン風(吹き抜け)
席案内 店員さんによる案内あり
注文方法 注文票を店員さんに渡す
メニュー表 あり
会計方法 レジ会計
クレジットカード 使用不可
価格帯 10~40リンギット(270~1,080円くらい)

注文は以下の手順で行います。

  1. テーブルにある注文票と鉛筆を取る
  2. メニュー表に書かれている「商品コード」と「数量」を注文票に記入
  3. 注文票を店員さんに渡す

「商品コード」は基本的に3ケタの数字です(飲み物だけ小数点を付けて「サイズ」と「ホット/コールド」を分類)。

また、Hua Muiはとても人気のあるレストランなので食事どきには大行列ができますが、回転率が良いのですぐに順番が来ます。ご安心ください。

スポンサーリンク

amphawa

amphawaのボートヌードル(トムヤムクン)

「amphawa」は、ボートヌードルがとても可愛いおしゃれなレストランです。ボートヌードルとは、小さな器に盛られて提供されるタイ発祥のB級グルメのこと。その昔、ボートの上でスープ入りの麺を作って販売していたことが語源となっています。

amphawaのボートヌードルは、「チキン2種」「ビーフ2種」「トムヤムクン」の5種類。麺は「ライスヌードル」と「春雨(グラスヌードル)」から選ぶことができます。

写真はトムヤムクンのボートヌードルです。味は酸味が効いていて、とてもスパイシー。値段も1.9リンギット(50円くらい)と安いので、いろいろな味のボートヌードルを複数注文して、テーブルいっぱいに広げてみるのも楽しみの1つです。

コツ2
  • 「amphawa」はボートヌードルがかわいい

amphawaの野菜天ぷら

野菜の天ぷらは、外側がサクッと揚がっていて油の新鮮さを感じることができます。2種類のソースで味を変えながら楽しめるのも嬉しいポイント。

値段は6.9リンギット(190円くらい)です。

他にもカレーなどの主食やドリンクも多数あり、バリエーション豊富なメニューをそろえています。

■ 基本情報

amphawaの外観
amphawaの基本情報
営業時間 月~木、日:11:30~22:30
金、土:11:30~0:00
定休日 なし
お店の雰囲気 おしゃれなカフェ風
席案内 店員さんによる案内あり
注文方法 注文票を店員さんに渡す
メニュー表 あり
会計方法 レジ会計
クレジットカード 使用可
価格帯 2~40リンギット(50~1,080円くらい)

注文は先ほどのHua Mui(華美)と同様、以下の手順です。

  1. テーブルにある注文票と鉛筆を取る
  2. メニュー表に書かれている「商品コード」と「数量」を注文票に記入
  3. 注文票を店員さんに渡す

ボートヌードルの麺の種類を選ぶときは、REMARK欄に記入します。

店内には植物や池がインテリアとしてあり、おしゃれで清涼な雰囲気。店員さんは若い人が多く、活気あるお店です。

スポンサーリンク

Kin Hua(錦華)

Kin Huaのナシレマッ

「Kin Hua(錦華)」は、マレーシアの家庭料理が味わえるレストランです。中でもおすすめは、マレーシアの定番ローカルフードであるナシレマッ。たくさんの具材の中から好きなものを好きな量だけ選べる形態で、自分だけのオリジナルナシレマッを作ることができます。しかも具材のひとつひとつがしっかりした味で美味しいので、すべてを混ぜたときに出会えるのは未知の味。

コツ3
  • 「Kin Hua(錦華)」は具材を自由に選んでオリジナルのナシレマッが作れる

■ 基本情報

Kin Huaの基本情報
営業時間 7:00~18:00
定休日 木曜日
お店の雰囲気 中国のローカルレストラン風(吹き抜け)
席案内 店員さんによる案内あり
注文方法 店員さんに口頭で伝える
メニュー表 なし
会計方法 店員さんを呼んで行う
クレジットカード 使用不可
価格帯 10~30リンギット(270~810円くらい)

メニュー表がないので、ほかの人が食べている料理を見るか、あらかじめ食べる料理を決めておくと注文がスムーズです。それでも困ったときは、店員さんを呼んでいろいろ教えてもらいましょう。とても明るくフレンドリーに話してくれます。

スポンサーリンク

順發肉骨茶(Soon Fatt Bak Kut Teh)

順發のバクテー

「順發肉骨茶(Soon Fatt Bak Kut Teh)」は、オーソドックスなシンガポール風バクテーが食べられるレストランです。スープは胡椒強めの中にニンニクと漢方が織り交ざった味。お肉は引き締まっていて、スープが存分に染み込んでいます。ライスや油條をスープといっしょに食べると、また違った食感と味わい。

コツ4
  • 「順發肉骨茶(Soon Fatt Bak Kut Teh)」のバクテーは胡椒強めの中にニンニクと漢方が織り交ざった味

順發肉骨茶のレタス

レタスの炒め物は、食感がしっとりの薄味。バクテーがパンチの利いた味なので、箸休めとしてちょうど良い感じに調整されています。

■ 基本情報

順發肉骨茶のメニュー表
順發肉骨茶の基本情報
お店の雰囲気 清潔感があって落ち着いた雰囲気
席案内 なし(自分で自由に決める)
注文方法 注文票を店員さんに渡す
メニュー表 あり
会計方法 レジ会計
価格帯 20~50リンギット(540~1,350円くらい)

注文は以下の手順です。

  1. 注文票と鉛筆を取る
  2. メニュー表に書かれている「商品コード」と「数量」を注文票に記入
  3. 注文票を店員さんに渡す

「商品コード」とは、各メニューに割り当てられたアルファベットと数字の組み合わせ。例えば、スペアリブ(排骨支)のバクテー1人分の商品コードは「M6」となります(上の写真参照)。また、注文票と鉛筆がない場合は店員さんに言いましょう。

場所は、シンガポールの国境が目の前に見える「R&F Mall JB」というショッピングモールの1階です。

スポンサーリンク

HrdrckBurgers

HrdrckBurgersのハンバーガー

最後はチャイナタウンで行われるナイトマーケットの屋台「HrdrckBurgers」。見た目は…なハンバーガーですが、こんがり焼かれたハンバーグのジューシーさと照り焼きのタレが合わさった味は絶品です。値段も8.5リンギット(230円くらい)と比較的リーズナブル。

コツ5
  • 「HrdrckBurgers」のハンバーガーはこんがり焼かれたハンバーグのジューシーさと照り焼きのタレが合わさった味が絶品

HrdrckBurgersの外観

外観はこんな感じ。時間によっては近くにテーブル席があるので、その場で食べることもできます。

コツのおさらい

コツ
  1. 「Hua Mui(華美)」のハイナンチキンチョップは外がカリカリ中がジューシー
  2. 「amphawa」はボートヌードルがかわいい
  3. 「Kin Hua(錦華)」は具材を自由に選んでオリジナルのナシレマッが作れる
  4. 「順發肉骨茶(Soon Fatt Bak Kut Teh)」のバクテーは胡椒強めの中にニンニクと漢方が織り交ざった味
  5. 「HrdrckBurgers」のハンバーガーはこんがり焼かれたハンバーグのジューシーさと照り焼きのタレが合わさった味が絶品

マレーシアだけではなく、お隣のシンガポールと食文化が比較できるというのも、ジョホールバルの魅力の1つです。ジョホールバルに滞在する際は、そんな魅力を楽しむためにもぜひこのページで紹介したレストランを参考にしてみてください。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。