ドラマ「キワドい2人-K2-」のロケ地:特定できた撮影場所をご紹介

ドラマ「キワドい2人-K2-」のロケ地:特定できた撮影場所をご紹介

2020年9月から放送を開始した、山田涼介さん、田中圭さん、関水渚さん、椎名桔平さんらが出演するドラマ「キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木」。この物語は、考え方が正反対の神崎と黒木が衝突を起こしながら事件を解決していくサスペンスドラマです。

そこでこのページでは、ドラマ「キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木」の中で特定できたロケ地(撮影場所)を、各話のあらすじと合わせてご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

第四話~最終話(第六話)のロケ地はコチラです。

キャスト

「キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木」の主な登場人物と演じられている役者さんの名前は以下です。

登場人物名 役者名
神崎隆一 山田涼介さん
黒木賢司 田中圭さん
氏原彩乃 関水渚さん
末長光一 八嶋智人さん
木村ともこ 江口のりこさん
諸星一朗 ジェシーさん
石館美空 奥山かずささん
澤登哲也 六角精児さん
神崎賢造 椎名桔平さん

ロケ地と各話のあらすじ

それでは、特定できたロケ地を各話のあらすじと合わせてご紹介いたします。あらすじは物語の内容をざっくり思い出すために書いていますので、「必要ないよ」という方は読み飛ばしちゃってください。

第一話

◆ ゲスト

登場人物名 役者名
氏原辰雄 小林隆さん
萱島大吾 マキタスポーツさん
萱島麻里子 村岡希美さん
萱島麻衣 ついひじ杏奈さん
第一話のあらすじ

モットーは父の教えである「真心を持ってまっすぐ生きろ」。憧れの刑事になり張り切って初出勤した神崎だったが、バディとなる黒木が行方不明になっていた。
そこで神崎は初任務として黒木の捜索を命令され、目撃情報を頼りに萱島麻衣の家へ。すると車のブレーキ痕や血痕とともに、黒木の警察手帳が落ちていた。

報告と同時に入った黒木からの連絡で、神崎は監禁場所へ。燃える炎を黒木のとんでもないやり方で消火したが、ふたたび麻衣はさらわれてしまう。
神崎と黒木は大手ゼネコン「萱島建設」を狙った身代金目当てだと推測し萱島家へ行くが、なんと別の麻衣が登場。さらわれたのは麻衣になりすましていた氏原彩乃という家出娘だったのである。

黒木の強引な手段で大吾の協力を獲得。しかし警察がいることに気付いている首謀者に振り回され、大吾を見失ってしまう。
やっとの思いで神崎と黒木が水族館で発見したそのとき、彩乃が男に押されて水槽に落下。黒木とともにカナヅチの神崎も勇気を振り絞って飛び込み、二人の協力で救出する。

彩乃は父を不当に解雇した萱島建設に恨みを持っていた。今回の一件は、その恨みを晴らすために企てた自作自演だったのである。そして神崎は彩乃に、「親子でちゃんと話すべきだ」と説得し幕を閉じる。
そしてその後、神崎と黒木は腹違いの兄弟ということが判明。二人はいっしょに暮らすことになるのだった。

第一話で特定できたロケ地は以下です。

池袋駅東口

「オープニングの風景」や「神崎が歩道橋で困っているお婆ちゃんを助ける前に映った場所」は、東京都豊島区の池袋駅東口です。池袋が舞台となることを印象付けるカットでした。

また、第五話では賢造が指名手配されたニュースを流すシーンで登場。拳銃を携帯した神崎たちには、暗い雰囲気が漂っていました。

住所:東京都豊島区南池袋1丁目

↓第一話のオープニングの風景

↓第一話で神崎が歩道橋で困っているお婆ちゃんを助ける前に映った場所

↓第五話で賢造が指名手配されたニュースを流した場所

番神通りの踏切

神崎家が映る前に出てきた踏切は、東京都豊島区にある「番神通り」という道の踏切です。ドラマ内では、走ってくる都電荒川線の車両も映っていました。

近くにあるのは雑司ケ谷霊園。夏目漱石さん、泉鏡花さん、小泉八雲さんなど、数々の著名人のお墓を巡ることができます。

住所:東京都豊島区南池袋4丁目

鬼子母神堂

神崎家が映る前に出てきたお寺は、東京都豊島区にある鬼子母神堂です。木々に囲まれた本堂までの道に静謐な雰囲気が漂っていました。

鬼子母神はその昔、近所の子供を食べてしまうため人々から憎まれていました。その事態を見かねたお釈迦様は、鬼子母神の末の子を隠してしまいます。それ以降鬼子母神は改心し、安産・子育の神様として人々に親しまれるようになりました。

【参考サイト】
https://www.kishimojin.jp/index.html

住所:東京都豊島区雑司が谷3丁目15−20

スポンサーリンク

若木の家

神崎家として使用されているのは、東京都板橋区にある「若木の家」です。第一話の最後では、黒木もこの家に引っ越してきました。

若木の家は、ドラマで映っていたとおりとても古風な家。非営利でのレンタルも可能なようなので、機会があればパーティーや撮影会などを行ってみるのも面白いかもしれません。

住所:東京都板橋区若木3丁目14−1

そば茶屋九拾九坊

隆一の父・賢造が営んでいる「おやじのそば」は、千葉県君津市にある「そば茶屋九拾九坊」です。設定は長野県ですが、実際は千葉県のお蕎麦屋さんが使われています。

住所:千葉県君津市内箕輪1丁目14−30

池袋大橋

初出勤の神崎が走っていた橋は、東京都豊島区にある池袋大橋です。ワクワク顔の神崎からは、これから始まる刑事生活の期待が伝わってきました。

池袋大橋が造られる前のこの場所は、「開かずの踏切」と呼ばれていました。なんと1日の2/3が閉まっていたようで、当時利用していた人はとてもイライラしていたでしょうね。

また、第五話では「彩乃が黒木に電話をかけたシーン」と「家を飛び出した神崎が黒木のことを思い出して泣いたシーン」にも使用されました。

住所:東京都豊島区池袋1丁目4−1 丁目 4−5

スポンサーリンク

不忍通りの歩道橋

神崎がお婆ちゃんを背負ったのは、東京都文京区にある「不忍通り(しのばずどおり)」という道の歩道橋です。その後、続々とご老人が現れ、全員を反対側に運びました。神崎は本当に心のきれいな人間です。

住所:東京都文京区目白台2丁目

↓右の歩道から左の歩道へお婆ちゃんを運びました

ヤマタネビル

神崎や黒木が勤務する池袋警察署の外観は、東京都江東区にあるヤマタネビルです。さすがに本物の池袋警察署は使用されていません。

現実で考えてみると、神崎は「若木の家」→「不忍通りの歩道橋」→「ヤマタネビル」というルートをたどって出勤しました。総距離は約18キロ。設定はすべて池袋なので考えても仕方ありませんが、実際に走ったとしたらそりゃ汗だくになります。

住所:東京都江東区越中島1丁目2−21 ヤマタネビル

北原ビル

黒木と彩乃(このときはまだ麻衣だと思っていた)が監禁されていた建物の外観は、神奈川県横浜市にある北原ビルです。「もつ焼き浜とん本店」の横の階段を神崎は上っていきました。

住所:神奈川県横浜市中区福富町西通41

スポンサーリンク

マレリ

萱島建設として使われたのは、埼玉県さいたま市にあるマレリ株式会社です。ここで黒木が外国人労働者たちに話を聞き、大吾に軽く揺さぶりをかけて協力を得ることに成功しました。

マレリは大手自動車部品メーカーです。2019年までカルソニックカンセイという名前でしたが、イタリアのマニエッティ・マレリという会社と経営統合し、現在の社名に変更しました。

住所:埼玉県さいたま市北区日進町2丁目1917

関内プリンス会館

彩乃の働いていたお店「ドルフィン」が入居している建物は、神奈川県横浜市にある関内プリンス会館です。もちろんドルフィンは架空のお店なので存在しませんが、その他のお店の看板はそのまま使用されています。

近くにあるのは横浜スタジアム。野球観戦などイベントの帰りに通ったことがある方も多いのではないでしょうか。

住所:神奈川県横浜市中区弁天通3丁目36

池袋西口公園

身代金の受け渡し場所として最初に指定されたのは、東京都豊島区にある池袋西口公園です。しかし警察がいることがバレていたため、すぐに移動を命じられてしまいました。

ドラマ内で映っていたらせん状のオブジェは「グローバルリング」と呼ばれるもの。大地のエネルギーが渦を巻いて上昇する躍動感を表現しているそうです。

住所:東京都豊島区西池袋1丁目8−26

スポンサーリンク

ルーブル

大吾が池袋西口公園から移動を命じられたカフェは、東京都立川市にある「ルーブル」という喫茶店です。ここでテーブルの下に張り付いていた文面を取って読んだ大吾は、トイレに行って警察を撒きにかかります。

住所:東京都立川市曙町2丁目9−1 菊屋ビル2F

サンシャインシティ

黒木が大吾を追いかけたショッピングセンターは、東京都豊島区にあるサンシャインシティです。その後、黒木は神崎と合流しましたが、噴水広場で見失ってしまいました。

サンシャインシティは、池袋のランドマーク的存在です。ショッピングセンターだけではなく、展望台や後述するサンシャイン水族館など、さまざまな施設が複合した場所となっています。

住所:東京都豊島区東池袋3丁目1

美久仁小路

神崎が大吾を追いかけているときに走った道は、東京都豊島区にある美久仁小路です。華やかなサンシャインシティとは打って変わって、レトロな雰囲気が印象的でした。

第五話では、黒木が聞き込みをした味彩というお店が登場。黒木の爽やかな「ありがとう」がかっこよかったです。

住所:東京都豊島区東池袋1丁目

スポンサーリンク

サンシャイン水族館

神崎と黒木が大吾を探していた水族館は、東京都豊島区にあるサンシャイン水族館です。アシカのショーやペンギンが泳ぐ姿、可愛かったですね。

サンシャイン水族館があるのは、サンシャインシティのワールドインポートマートビルの屋上。2020年7月からは「海月空感」という新エリアもオープンしています。

住所:東京都豊島区東池袋3−1 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上

水道橋SUNDAY

家出した彩乃が入ったハンバーガーショップは、東京都千代田区にある水道橋SUNDAYです。ここで彩乃は萱島麻衣のカバンを盗み、彼女になりすまして生きていくことを思いつきます。

住所:東京都千代田区神田三崎町3丁目10−4 千代田ビル 1F

らーめんZoot

一連の騒動が収まった後に神崎と黒木が行ったラーメン屋は、東京都大田区にある「らーめんZoot」です。黒木はここで神崎の父の話を聞き、過去にあった何かを思い出して賢造のもとへ行きます。

住所:東京都大田区西蒲田7丁目42−7

スポンサーリンク

第二話

◆ ゲスト

登場人物名 役者名
池田秀典 キンタカオさん
芳村敏生 神尾楓珠さん
小坂晋也 遠藤雄弥さん
角倉真斗 中田圭祐さん
第二話のあらすじ

サルが街中のいたるところで目撃。しかも胸には血が付着し、ケガをしていると見られていた。
そんなとき、とあるマンションで事件が発生。美容室のオーナーである池田が亡くなり、監視カメラには芳村がドアをこじ開けている姿が映っていた。

過去を調べた神崎は、芳村が怪しいという意見を否定し美容院へ。店長の小坂と従業員の角倉から、「芳村は完全に更生していた」「池田はサルを飼っていた」という話を聞く。
そして黒木は、「サルを逃がして監視カメラを取り付けさせた」ことが狙いだと推測。ますます外部の人間に疑いが強まる。

ところが上層部が捜査の打ち切りを決定。芳村が被疑者でないことを確信していた神崎は、独りよがりの行動に出てしまい仲間を裏切ってしまう。
反省した神崎を見た黒木は、助力を請われモンキーブラッドプロジェクト(略してモンブラン)を決行。美容院に噂を流して、血清をエサに首謀者をおびき寄せる。

血清を取りに現れたのは店長の小坂だった。動機は自分に店を譲るという約束を池田が破り、芳村に売ろうとしていたからである。
しかし芳村は自分を拾ってくれた恩から、小坂に店を譲ろうとしていた。そんな想いを知った小坂は、自白しすべてを認めるのだった。

第二話で特定できたロケ地は以下です。

ラ・ピエール通り

冒頭で神崎と黒木が「猿の目撃情報求む」という張り紙をしていた場所は、千葉県千葉市にある「ラ・ピエール通り」です。そして黒木はひったくりを捕まえ、神崎はバラバラになった荷物を丁寧に積み直しました。

住所:千葉県千葉市中央区富士見2丁目

↓「猿の目撃情報求む」の張り紙をしていた場所

↓黒木がひったくりを捕まえた場所

天祖神社沿いの道

最初に「サル目撃情報相次ぐ」のリポートをしていた場所は、東京都豊島区にある天祖神社沿いの道です。電柱の住所や天祖神社の看板は、違うものに置き換えられていました。

天祖神社は、このあたり一帯の鎮守(守り神)さまが祀られています。もしかしたら第二話のエピソードは、毎年行われる例大祭の9月17日に合わせられたのかもしれません。

【参考サイト】
大塚駅前天祖神社<https://tensojinja.or.jp/>

住所:東京都豊島区南大塚3丁目49

スポンサーリンク

エクセル1

池田が住んでいたのは、東京都新宿区にある「エクセル1」というマンションです。神崎が水をかけられながら壁を登って、外部の人間の可能性を実証していました。

住所:東京都新宿区西新宿4丁目29−10

東順永本店

サルに噛まれたことをインタビューされた中華料理店は、東京都新宿区にある東順永本店です。陳さんが「カワイカッタネー、頭ナデナデしたヨ」と吞気なことを言っていましたね。

住所:東京都新宿区新宿5丁目10−10 ファースト N.Yビル 1F

air HAIRMAKE

ヘアーサロン「カイサル」として使われたのは、東京都江戸川区にある「air HAIRMAKE」です。第二話ではいちばん使われたロケ地なのではないかと思います。

近くにあるのは総合レクリエーション公園。子供向けの遊具やアスレチック、フラワーガーデンやスポーツ施設など、充実した施設がそろっています。

住所:東京都江戸川区西葛西6丁目18−3 KIRAKU2B

スポンサーリンク

西新宿1丁目の道

小坂が行く場所のなかった芳村に声をかけた場所は、西新宿1丁目にある細道です。芳村はここで受けた恩を忘れず小坂に返そうとしましたが、それが思わぬ方向に働いてしまいました。

住所:東京都新宿区西新宿1丁目

ベニースーパー西亀有店

池田が車上荒らしにあった場所は、東京都葛飾区にあるベニースーパー西亀有店です。ここで起こったことが小坂をおびき寄せることにつながる、意外と重要なシーンでした。

住所:東京都葛飾区西亀有1丁目16−7

スポンサーリンク

第三話

◆ ゲスト

登場人物名 役者名
鴻上健也(牧野龍之介) 清水尋也さん
牧野洋子 島かおりさん
脇康介 増田昇太さん
第三話のあらすじ

老人を狙ったアポ電強盗が頻発。ところが奪った金額が少なかったため、首謀者のピエロが「今月中に新しいヤマを用意する」という言葉を残していた。
調査を進めていくと、狙われた老人たちには「同じ社交ダンスクラブに所属していた」という共通点が発覚。会長の息子・脇がピエロの特徴と似ていることから、ダンスクラブに潜入する「Shall we ダンス?作戦」を決行する。

神崎&彩乃、木村&諸星が華麗なダンスを披露している最中、黒木は脇と接触しもう一人ピエロに該当する人物を発見。それは、調査中に訪れたお米屋の牧野龍之介だった。
神崎は龍之介と洋子の温かい関係を見ていたため、その事実を否定し黒木と衝突。言い過ぎたため素直に謝ると、黒木が秘密に行っていた龍之介とピエロのDNA鑑定が不一致なことを見て安堵する。

実行グループの一人である坂田にピエロから連絡が入った。そこで集合場所に待ち伏せし、全員がそろったところで確保しようとする。
しかし老人が坂田に転ばされたことに神崎は激怒。まだ来ていなかったピエロを取り逃がしてしまったが、集合場所から立ち去る龍之介を目撃してしまう。

龍之介は受け子の容疑で追われていた鴻上健也だった。認知症を患っている洋子につけ込んで、孫になりすましていたのである。
すると鴻上は洋子を盾に逃げようとするが、神崎は「傷つけることはできない」と断言。鴻上が見せていた洋子への優しさは、本物でだったからである。

第三話で特定できたロケ地は以下です。

氷川児童遊園

黒木がタクシーのドライバーに協力を依頼していた公園は、東京都大田区にある氷川児童遊園です。子どもたちのボールを黒木はとんでもない方向に投げてしまいました。

住所:東京都大田区矢口1丁目27−7

牧野米店

龍之介と洋子がいたお米屋さんは、東京都台東区にある牧野米店です。実際に「牧野米店」というお店が使用されました。

牧野米店があるのは、「よみせ通り」という大正時代からある商店街。千駄木に住んでいた夏目漱石さんや森鷗外さんも訪れたことがあると思われる、歴史あるお店が軒を連ねています。

住所:東京都台東区谷中3丁目3

グリーン大通り

坂田が13人目のナンパをしていた道は、東京都豊島区にあるグリーン大通りです。第三話で特定できた唯一の池袋付近でした。

また、第五話では神崎が父に電話をかけるシーンで登場。結局つながりませんでしたが、父が持っていた名刺をもとに井原のお墓があるお寺に向かうことになりました。

住所:東京都豊島区南池袋1丁目

↓坂田がナンパしていた場所

↓第五話で神崎が父に電話をかけた場所

スポンサーリンク

ダンスパティオT&T

「Shall we ダンス?作戦」を実行したダンススクールは、神奈川県相模原市にある「ダンスパティオT&T」です。神崎たちが華麗なダンスを披露して、スクール生のお年寄りから拍手喝さいを浴びていました。

住所:神奈川県相模原市南区古淵1丁目8−12

川口西公園(リリアパーク)

坂田たちが落ち合おうとしていた公園は、埼玉県川口市にある川口西公園(リリアパーク)です。設定では、「目白公園」という名前になっていました。

ドラマ内にも映っていましたが、川口西公園(リリアパーク)にあるのは時計塔などのたくさんのオブジェ。駅前にもかかわらず自然や遊具も多いので、大人も子供も楽しめる公園となっています。

住所:埼玉県川口市川口3丁目1

↓諸星がひょっとこ(金髪)を捕えた歩道橋

江戸川河川敷緑地

神崎、黒木、彩乃が野球をしていた場所は、千葉県流山市にある江戸川河川敷緑地です。黒木は彩乃にホームランを打たれてしまったため、モンブランを一年分ごちそうしなければならなくなってしまいました。羨ましい…。

江戸川河川敷緑地にあるのは、複数の野球場やサッカー場。川沿いでスポーツする姿は、昭和の古き良き時代を想起させます。

住所:千葉県流山市大字木

第四話~最終話(第六話)のロケ地は、「次のページ」をクリックしてください。