ドラマ「東京放置食堂」のロケ地・撮影場所まとめ

ドラマ「東京放置食堂」のロケ地・撮影場所まとめ

2021年9月に放送を開始した、片桐はいりさん、工藤綾乃さんらが出演するドラマ「東京放置食堂」。この物語は、街の喧噪などない東京の大島だからこそ紡がれる人間模様を描いた、アプリゲーム「放置少女~百花繚乱の萌姫たち~」を原作としたドラマです。

そこでこのページでは、ドラマ「東京放置食堂」の中で特定できたロケ地(撮影場所)をご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

キャスト

ドラマ「東京放置食堂」の主な登場人物と演じられている役者さんは以下です。

登場人物名 役者名
真野日出子 片桐はいりさん
小宮山渚 工藤綾乃さん
南波一平 与座よしあきさん
北野康夫 松川尚瑠輝さん
西浦辰彦 梅垣義明さん
水科繁 近藤公園さん(第一話ゲスト)
小松原美織 桜井玲香さん(第二話ゲスト)
山中正平 竹中直人さん(第三話ゲスト)
鶴見美咲 前田敦子さん(第四話ゲスト)
白鳥真澄 濱津隆之さん(第五話ゲスト)
久田晶 小宮有紗さん(第五話ゲスト)
宮田洋子 橋本マナミさん(第六話ゲスト)
日高真琴 工藤遥さん(第七話ゲスト)
スポンサーリンク

ロケ地の一覧と詳細

それでは、「東京放置食堂」の中で特定できたロケ地をご紹介いたします。まずは一覧です。各ロケ地の名前をクリック(スマホの場合はタップ)すると、詳細に飛ぶことができます。

ロケ地 登場話数 説明
Hav Cafe 複数 風待屋
波浮港 複数 風待屋の近くにある港
くさやの小宮山 複数 くさやの小宮山
岡田港 複数 水科が到着した港など
波浮港見晴台 第一話 渚が写真を見ていた展望台など
地層大切断面 第一話, 第五話 南波が水科を案内した地層が表出している観光スポット
赤禿 第一話, 第六話 水科が南波からもう東京に戻れないと聞いた場所など
元町港 第二話, 第五話 美織が到着した港/白鳥&久田が到着した港
砂の浜 第二話, 第三話 美織が来た黒いビーチなど
砂の浜橋 第二話 日出子と美織がすれ違った橋
トウシキ遊泳場 第二話, 第六話 美織がマネージャーからの電話を拒否した岩場など
筆島 見晴台 第二話, 第五話 日出子が美織に声をかけた展望台
湯の宿くるみや 第三話 南波が正平を連れて来たお風呂
武田商店 第三話 西浦のお店
高林商店&カフェ 第四話 日出子が「さつまいものいももち」を買ったお店
カキハラ磯火山豆石 第四話 美咲とジュンちゃんの約束の場所
秋ノ浜飛び込み台 第五話 北野がカモメを見ていたという白々しい言い訳をした場所
元町 浜の湯 第五話 北野と白鳥が入った露天風呂
泉津の切通し 第六話 洋子が産道だと例えた切通し
旭売店 第六話 洋子の娘がいるお土産屋さん

以下は登場したシーンなど各ロケ地の詳細です。「一覧に戻る」をクリックすると上記一覧に戻り、「Googleマップ」をクリックすると新しいタブで地図が開きます。

※特に記載がない場合、ロケ地は大島となります。

Hav Cafe

居酒屋『風待屋』として使われているのは、「Hav Cafe」です。渚が祖父から受け継いだお店。島にやってきた日出子は渚と出会い、お店を手伝うことに。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町波浮港1

波浮港

風待屋の近くにある港は、波浮港です。第一話では渚が釣りをしていたり、日出子が水科を見送る場面で登場しています。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町波浮港8−4

くさやの小宮山

「くさやの小宮山」は、大島にある実名の会社です。若くして渚が社長。くさやの小宮山で働く北野は、渚に夢中。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町差木地クダッチ

岡田港

水科が到着した港は、岡田港です。目的は過去に新幹線で怒られた日出子に会うこと。港の目の前にある駐車場で眠っている南波をたたき起こし、水科は風待屋が開くまで観光することに。

第二話以降も、ゲストが島へ行き来するシーンでたびたび登場しています。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町岡田

波浮港見晴台

渚が写真を見ていた展望台は、波浮港見晴台です。祖父を亡くした悲しみに思いを巡らせます。

また、日出子が二人乗りしていた学生を注意したのは、すぐそばにある秋廣平六像の前あたりです。その後、波浮港で六法全書を読むまでに通った坂道、路地、階段は、以下に地図だけリンクいたします(ページを見てくれた方から情報をいただきました。ありがとうございます)。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ(波浮港見晴台)
Googleマップ(勢いよく下った坂道)
Googleマップ(自転車を降りた路地)
Googleマップ(学生に靴ひもがほどけていることを注意した階段)
住所:東京都大島町

スポンサーリンク

地層大切断面

南波が水科を案内した地層が表出している観光スポットは、地層大切断面です。地元ではバウムクーヘンと呼称。1万5000年もの歴史ある地層に感心しますが、かかってきた部下からの電話で水科はまたもや激怒。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町野増

赤禿

水科が南波から「最終便がもう出て東京に戻れない」と聞いた場所は、赤禿です。日も暮れて来たので、二人は風待屋へ。水科は肩書に頼って仕事していることを日出子に怒られ、自身を変えて部下と信頼関係を築くよう喝を入れられました。

第六話でも洋子が南波に案内してもらいドラマの撮影をした場所で登場しています。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町

元町港

美織が到着した港は、元町港です。帽子を目深にかぶって歩いていると南波に話しかけられたため、美織は速攻で逃げ出します。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町1丁目

砂の浜

美織が来た黒いビーチは、砂の浜です。身投げすると勘違いした南波がやっぱり登場したので、美織は逃走。南波はズッコケ、美織は波でビショビショ。

第三話で日出子が少年・太郎に不吉なことを言われたのも砂の浜です。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町野増

砂の浜橋

自転車に乗った日出子と全力疾走している美織がすれ違ったのは、砂の浜橋です。「ヒャッホー」と気持ちよさそうな日出子は、まったく美織に気付きません。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町野増

スポンサーリンク

トウシキ遊泳場

美織が白いビーチがなくて嘆いた岩場は、トウシキ遊泳場です。マネージャからの着信を、美織は拒否。そしてとにかくしつこい南波の声がしたので駆け出します。

第六話で日出子が貝を恐れていたのもトウシキ遊泳場です。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町差木地下原

筆島 見晴台

日出子が六法全書を読んで背伸びしているときに美織を見かけたのは、「筆島 見晴台」です。シェルターに入っていった美織に声をかけ風待屋へ。アイドルと本当の自分の境目がわからなくなっていた美織に、渚は喝を入れ、日出子は「期待に応え過ぎない方が良い」と言って勇気づけました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町波浮港

湯の宿くるみや

南波が正平を連れて来たお風呂は、「湯の宿くるみや」にあるお風呂です。立派なイラストを南波に触らせた正平の目的は、あの女にけじめをつけることでした。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町八重の水245

武田商店

西浦のお店は、武田商店です。仕入れの魚を買いに来た日出子は、強引な手口で値切り倒し。帰り際に、「いつか刺されるよ」と言われてしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町1丁目8−10

スポンサーリンク

高林商店&カフェ

日出子が歌いながら「さつまいものいももち」を買ったお店は、高林商店&カフェです。また、その前に自転車で下った坂もそばにあります。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ(高林商店&カフェ)
Googleマップ(坂道)
住所:東京都大島町波浮港4

カキハラ磯火山豆石

美咲とジュンちゃんの約束の場所は、カキハラ磯火山豆石です。ここでウェディングフォトを撮ろうとする人なんて地元でもいない。ジュンちゃんに騙されたことを、美咲はまったく受け入れようとしません。

約束の場所へ行くときに通ったのは、泉津橋の近くです。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ(カキハラ磯火山豆石)
Googleマップ(約束の場所へ行くときに通った道)
住所:東京都大島町波浮港40

秋ノ浜飛び込み台

北野がカモメを見ていたという白々しい言い訳をした場所は、秋ノ浜飛び込み台です。それを聞いて渚は舌打ち。「渚ちゃん」という北野の声だけが空しく響き渡ります(秋ノ浜飛び込み台は第一話でも登場しています)。

※ページを見てくれた方から情報をいただきました。ありがとうございます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町泉津秋之原

元町 浜の湯

北野と白鳥が入った露天風呂は、「元町 浜の湯」です。「さいこ~だね。雨だけど」。久田の予定をめちゃくちゃにして、白鳥は地元の人が集まる店へ。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町トンチ畑882

スポンサーリンク

泉津の切通し

洋子が産道だと例えた切通しは、泉津の切通しです。そして日出子を親、渚を娘に抜擢したドラマを撮影。洋子はなぜか日出子を無視して、渚の演技にやたらと文句をつけます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町泉津

旭売店

洋子の娘がいるお土産屋さんは、旭売店です。産んですぐに別れた娘と再会しましたが、実の母だと告げずに洋子は去ります。自分の人生と向き合って親子のドラマを書くために。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大島町元町1丁目2

特定できたロケ地は以上です。引き続き、第七話以降やこれまでで特定できていないロケ地も、調査ができ次第更新いたします。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。