NHKドラマ「太陽の子」のロケ地:特定できた撮影場所をご紹介

NHKドラマ「太陽の子」のロケ地:特定できた撮影場所をご紹介

2020年8月に放送した、柳楽優弥さん、有村架純さん、三浦春馬さん出演のNHKドラマ「太陽の子」。このドラマは、第二次世界大戦のさなか、葛藤を抱えながらも科学の研究に身を捧げた一人の青年の人生物語です。

そこでこのページでは、「太陽の子」の中で特定できたロケ地(撮影場所)を、あらすじと合わせてご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

キャスト

以下は、「太陽の子」の登場人物と演じられている役者さんの名前です。

登場人物名 役者名
石村修 柳楽優弥さん
朝倉世津 有村架純さん
石村裕之 三浦春馬さん
澤村 イッセー尾形さん
朝倉清三 山本晋也さん
荒勝文策 國村隼さん
石村フミ 田中裕子さん

あらすじ

「太陽の子」のあらすじ

第二次世界大戦中、京都大学で科学者をしていた石村修。彼の研究室の使命は、どこよりも先に原子核爆弾を開発することだった。
しかし研究生たちは、命を奪うものの開発に疑問を持っていた。すると教授は、「世界を変えるために科学をするんだ」と言い皆は奮起する。

部隊の編成があるとのことで、修の弟・裕之が一時的に帰ってきた。久しぶりの再会に家族や世津は喜び、ご馳走を振る舞う。
ある日、ウランの仕入れ先である窯いそから大学に戻った修は、研究生と言い合いになりケンカ。それは、「やっていることが合っているのか間違っているのかわからない」という想いが、窯いその娘が空襲で亡くなったことにより芽生えたからだった。

修、世津、裕之の三人が海へ遊び来た帰り道、車のエンジンが故障し野宿することに。するとその夜中、修と世津は裕之の姿が消えていることに気付く。
海で裕之を発見した修は、命を絶とうとしているところを引きずって連れ戻す。裕之は、「戦の恐怖と自分だけ生き残るわけにはいかない」という想いで葛藤していたのである。
自宅に戻った三人は、終戦後の未来について語り合い手と手を取り合うのだった。

1945年8月、修たちの健闘虚しくアメリカが先に原爆を投下。さらに裕之が戦地で命を落とす。
次に投下されるのが京都と聞いた修は、爆発の瞬間を見るために比叡山に登ることを決意。それは原子物理学者の端くれとして、修が自らに課した使命だった。

スポンサーリンク

ロケ地

それでは、「太陽の子」の中で特定できたロケ地(撮影場所)をご紹介いたします。

原爆ドーム

オープニングやエンディングで使用されたのは、広島県にある原爆ドームです。ドラマ内では、対岸の平和記念公園や川の上から撮影した原爆ドームも映されていました。

原爆ドームは、ほぼ真上から爆風が注いだために全壊を免れた建物。1996年には世界遺産に登録され、「原爆の悲惨さ」や「平和の尊さ」を伝える場所となっています。

【参考URL】

ひろしま観光ナビ「原爆ドームを深く知ろう」<https://www.hiroshima-kankou.com/world-heritage/world-heritage/dome>2020/8/26アクセス

住所:広島県広島市中区大手町1−10

金戒光明寺

修や裕之が参拝したお寺は、京都府京都市にある金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)の山門です。数あるお寺の中から、山門の高さやデザイン、左右にある小さな建物、目の前にある石段や木々から金戒光明寺であると判断いたしました。

また、同じ敷地内には會津墓地参道があります。ここは、修が窯いそに行って娘が亡くなったことを聞いた後に歩いた道です。

住所:京都府京都市左京区黒谷町121

京都大学

修が所属している研究室があるのは、京都大学です。ドラマ内では、修が大きな荷物を背負って門を通り過ぎるシーンが映されていました。

住所:京都府京都市左京区吉田本町

スポンサーリンク

大塚呉服店前の道

修が窯いそへ行くときに歩いた道は、京都府京都市にある大塚呉服店前の道です。目印は、法観寺「八坂の塔」でした。

ちなみにこの道は、映画「本能寺ホテル」で綾瀬はるかさん演じる倉本繭子が歩いた道でもあります。

住所:京都府京都市東山区星野町

平海水浴場

修たちが遊びに来た海岸は、京都府京丹後市にある平海水浴場です。裕之が命を絶とうした場所としても使われました。

京丹後市のビーチは、岩場がとても印象的。キャンプや釣りなどのアウトドアを楽しめる施設も充実しています。

住所:京都府京丹後市丹後町平 平

鴨川

確証はないのですが、川の雰囲気や山の稜線から判断すると、オープニングで修が世津を迎えに行くときに自転車で走った河原や橋のある場所は、京都を流れる鴨川のどこかだと思われます。また、その橋は修、世津、清三の三人が石村家に向かうときにも渡っていました。

特定できたロケ地は以上です。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。