ドラマ「作家刑事 毒島真理」のロケ地・撮影場所

ドラマ「作家刑事 毒島真理」のロケ地・撮影場所

2020年11月に月曜プレミア8で放送した、佐々木蔵之介さん、新川優愛さん、徳重聡さん、吹越満さん出演のドラマ「作家刑事 毒島真理」。中山七里さん原作のこのドラマは、元刑事で作家の毒島真理が、持ち前の推理力と人の精神的な急所を瞬時に見極める能力で謎を解明していくミステリーです。

そこでこのページでは、ドラマ「作家刑事 毒島真理」の中で特定できたロケ地(撮影場所)をご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

キャスト

本ドラマの主な登場人物と演じられている役者さんの名前は以下です。

登場人物名 役者名
毒島真理 佐々木蔵之介さん
高千穂明日香 新川優愛さん
犬養隼人 徳重聡さん
麻生警部 吹越満さん
羽衣サヤ 遊井亮子さん
只野英郎 塚地武雅さん
天童九一郎 高橋洋さん
牧原汐里 宮崎香蓮さん
班目彬 水橋研二さん
百目鬼二郎 コトブキツカサさん

ロケ地

それでは、「作家刑事 毒島真理」の中で特定できたロケ地をご紹介いたします。

木更津駅東口前の細道

百目鬼が襲われた場所は、千葉県にある木更津駅東口前の細道です。亡き者にしたのは只野で、自分が書いた小説を批判されたから。その現場を羽衣が目撃し、只野の処理に利用することを思いつきました。

住所:千葉県木更津市東中央1丁目

↓百目鬼が襲われた場所はこの辺りです(35.381630, 139.928110)。

川崎市役所第3庁舎

蒼明出版のビルとして使われたのは、神奈川県にある川崎市役所第3庁舎です。百目鬼が関係していた蒼明出版で話を聞こうと高千穂と犬養が訪れると、エントランスで揉めている班目と天童を目撃しました。

住所:神奈川県川崎市川崎区東田町5−4

警視庁

高千穂たちが所属する警視庁の外観は、東京都千代田区にある本物の警視庁の建物が使用されています。蒼明出版で班目から話を聞いた後に、一瞬だけ映りました。

住所:東京都千代田区霞が関2丁目1−1

スポンサーリンク

はちまき

毒島が小説を執筆している建物は、東京都千代田区にある「はちまき」の上の部屋です。エンディングでは、高千穂を誘って天麩羅を食べに誘いました。

住所:東京都千代田区神田神保町1丁目19

SHINJYUKU SALOON NADNYE(ナドニエ)

百目鬼が常連になっていた文壇バーは、東京都新宿区にある「SHINJYUKU SALOON NADNYE(ナドニエ)」です。実はここに羽衣も通っており、壁に藁人形を打ちつけていたことが明らかになりました。

住所:東京都新宿区新宿3丁目8−7吉川ビル 3階

富士見通り買物公園

毒島と高千穂が牧原に会った後に歩いた商店街は、千葉県木更津市にある富士見通り買物公園です。只野と牧原の小説を読んでみたいこと、小説家の性格のことについて二人は話しながら歩きました。

住所:千葉県木更津市富士見1丁目

↓二人が歩いていた場所はこの辺りです(35.381822, 139.924585)。

スポンサーリンク

八重洲ブックセンター本店

羽衣がサイン会を開いた本屋さんは、東京都中央区にある八重洲ブックセンター本店です。また、毒島と高千穂が秋葉原に来て探した一件目の本屋さんとしても使用されています。

住所:東京都中央区八重洲2丁目5−1

ジョイ

毒島が只野の小説を批判した喫茶店は、東京都台東区にあるジョイです。「中学生に失礼」から始まった批判は止まらず、終いにはカップに入った飲み物をこぼして作品を濡らすことまでやってのけました。

住所:東京都台東区浅草3丁目37−6

スポンサーリンク

恵比須町の埠頭

毒島がSNSに投稿した埠頭は、神奈川県横浜市神奈川区恵比須町の埠頭です。まんまと百目鬼を亡き者にした只野を呼び寄せ、逮捕することに成功しました。

住所:神奈川県横浜市神奈川区恵比須町

↓投稿した場所はこの辺りです(35.478214, 139.653042)。

春海橋公園

毒島と高千穂が天童から班目についての話を聞いた場所は、東京都江東区にある春海橋公園です。二人はここで、班目のせいでパクリ疑惑が浮上しネットで炎上したこと、班目が絶命したときのアリバイを聞きました。

住所:東京都江東区豊洲2丁目3

ORIENTAL LOUNGE EVE SHINJUKU

天童が来ていたバーは、東京都新宿区にある「ORIENTAL LOUNGE EVE SHINJUKU」です。天童はアリバイ作りのため、バーテンダーに対して延々と自分の作品について語り続けました。

住所:東京都新宿区歌舞伎町2丁目23−1風林会館5F

スポンサーリンク

リーガロイヤルホテル東京

毒島と高千穂が羽衣に会った場所は、東京都新宿区にあるリーガロイヤルホテル東京のガーデンラウンジです。デビュー前の作品を勝手に出版したことに恨みを抱いていることを、二人は羽衣から聞きました。

住所:東京都新宿区戸塚町1−104−19

隠れ房南青山店

羽衣がアリバイ作りのために作家仲間と来ていたお店は、東京都港区にある隠れ房南青山店です。「ずっとソフトドリンクで騒いでいた」ことを、毒島と高千穂は店員さんから聞きました。

住所:東京都港区南青山5丁目4−40 A-FLAG骨董通りB1F

万世橋

毒島と高千穂が歩いた秋葉原の橋は、東京都千代田区にある万世橋です。ここから、二人の秋葉原本屋巡りがスタートしました。

住所:東京都千代田区外神田1−1

スポンサーリンク

三省堂書店神保町本店

毒島と高千穂が来た二つ目の本屋さんは、東京都千代田区にある三省堂書店神保町本店です。外に出た直後、毒島はサインを求める人たちに囲まれてしまいました。

住所:東京都千代田区神田神保町1丁目1

書泉ブックタワー

毒島が最後に来た本屋さんは、東京都千代田区にある書泉ブックタワーです。実はこの本屋には羽衣も通っており、出入り口からお店に売っているスタンガンを見て買うことを決意しました。

住所:東京都千代田区神田佐久間町1丁目11−1

第二東ビル

羽衣がスタンガンを買ったお店が入居しているビルは、東京都千代田区にある第二東ビルです。先ほどご紹介した書泉ブックタワーは近いのですが、見ていた角度に実際の第二東ビルがないため、別々に撮影したのだと思われます。

住所:東京都千代田区神田佐久間町1丁目14

特定できたロケ地は以上です。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。