ドラマ「江戸モアゼル」のロケ地・撮影場所まとめ

ドラマ「江戸モアゼル」のロケ地・撮影場所まとめ

2021年1~3月に日本テレビで放送した、岡田結実さん、葉山奨之さん、吉谷彩子さん、田中直樹さんらが出演するドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」。江戸キリエさん原作のマンガを実写化したこのドラマは、江戸から現代にタイムスリップしてきた花魁が悩める女性を励ましながら、人生を諦めていた社長の息子を変えていく時代を超えたラブコメディです。

そこでこのページでは、ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の中で特定できたロケ地(撮影場所)をご紹介いたします。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

キャスト

ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の主な登場人物と演じられている役者さんは以下です。

登場人物名 役者名
仙夏 岡田結実さん
蔵地俊輔 葉山奨之さん
春日泉美 吉谷彩子さん
蔵地寿乃 山口まゆさん
森谷香澄 藤江萌さん
大河内拓馬 中本大賀さん
松野隆二 森田甘路さん
岩佐長兵衛 一ノ瀬颯さん
鳥居直樹 前田公輝さん
蔵地雄彦 田中直樹さん

ロケ地の一覧と詳細

それでは、「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」の中で特定できたロケ地をご紹介いたします。まずは一覧です。各ロケ地の名前をクリック(スマホの場合はタップ)すると、詳細に飛ぶことができます。

ロケ地 登場話数 説明
鷰 en 複数 カフェ藏
株式会社Legaseed 複数 ウェブ広告会社バードネット
隅田川テラス 複数 スカイツリーが見える川沿い
山谷堀公園 複数 仙夏がタイムスリップしてきた公園
源森橋 複数 仙夏が初めてスマホ(木札)を向けられた場所など
桜橋 第一話 仕事で失敗した泉美が落ち込んでいた橋
ONE@Tokyo 第二話, 第六話 直樹が綾子と会ったカフェ/仙夏が直樹に灯について話した屋上
吾妻橋 第二話 俊輔と泉美が待ち合わせした橋
クラブビゼ六本木 第二話 綾子が働いているキャバクラ
加賀屋(とうきょうスカイツリー駅前店) 第二話 俊輔と泉美が来たカニみそのあるお店
上野東照宮 第三話 仙夏がお百度参りした神社
AOYUZU恵比寿 第四話 仙夏たちが合コンしたお店
大森ふるさとの浜辺公園 第四話 寿乃と宮田が物見遊山した公園
東京ミズマチ 複数 宮田が家族といた場所/仙夏が俊輔に令和に残る理由を話した場所
仲池上二丁目第二児童公園 第四話 仙夏と寿乃が相撲した公園
十間橋 第四話 仙夏が矢文を受け取った橋
江東公会堂ティアラこうとう 第五話 夢プロジェクトのレッスン場
ロトブルイタリアントーキョー 第五話 俊輔と泉美が来たレストラン
Rady 第六話 仙夏がアルバイトした呉服屋さん
キャットストリート 第六話 仙夏がセールのチラシを配っていた場所
待乳山聖天公園 第六話 仙夏と泉美が話した公園
第一下川ビルディング 第六話 泉美が長兵衛を見かけたビル
NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL 第六話, 第七話 俊輔が泉美に誕生日を祝ってもらったレストラン/泉美と直樹が愚痴り合ったレストラン
パークサイドヴィラ東京善福寺公園 第七話 神宮司夫妻の豪邸
銀座東七丁目交差点の歩道橋 第七話 小出が仲良く歩いている仙夏と直樹を見た歩道橋
ベルモントホテル 第七話 泉美と直樹が入ったホテル
グランパークタワー 第八話 俊輔の父が経営する不動産会社のビル
東日印刷 第八話 泉美が俊輔に別れを告げた場所
マルアイボウリング 第九話 仙夏と俊輔が来たボウリング場
バリラックス ザ ガーデン 新宿 第九話 仙夏がクレーマーに絡まれたレストラン
地蔵山野営場 最終話 会社を辞めた直樹が暮らしていた場所
東京スカイツリー 最終話 江戸に帰る前に仙夏と俊輔が来たスカイツリー

以下は各ロケ地の詳細です。「一覧に戻る」をクリックすると上記一覧に戻り、「Googleマップ」をクリックすると新しいタブで地図が開きます。

鷰 en

カフェ藏として使われているのは、東京都台東区にある「鷰 en」です。仙夏や俊輔が働いているので、物語の中心の一つとなっています。

鷰がある場所は「蔵前」という町名。したがって「蔵」とかけてこのカフェを選んだのかもしれません。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都台東区蔵前2丁目6−2
最寄り駅:蔵前駅(都営大江戸線/都営浅草線)

株式会社Legaseed

泉美が働いているウェブ広告会社「バードネット(Bird.Net)」として使われているのは、東京都港区にある株式会社Legaseedです。バードネットの社長・鳥居は、仙夏が恋い焦がれていた直次郎にそっくりでした。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都港区港南2丁目16−3品川グランドセントラルタワ24F
最寄り駅:品川駅(JR山手線など)

隅田川テラス

東京都にある隅田川テラスが多くのシーンで使用されています。具体的には次の場所です。

  1. 東京クルーズ浅草船着場付近
    ・俊輔とケンカした後に仙夏が吉原のことを思い出して歩いていたシーン(第一話)
    ・仙夏と俊輔が仲直りしたシーン(第一話)
    ・俊輔と泉美が接待帰りの仙夏たちを目撃したシーン(第二話)
    ・俊輔と泉美がパワースポットへ向かうときと戻ってきたときのシーン(第三話)
    ・泉美が俊輔にキスするシーン(第三話)
    ・俊輔が改めて「仙夏のことどう思っているか」泉美に聞かれるシーン(第五話)
    ・直樹が仙夏に告白しているときに長兵衛が現れるシーン(第五話)
    ・俊輔が仙夏に告白するシーン(第八話)
    ・仙夏に出会って変わったことを俊輔が伝えたシーン(最終話)
    ・俊輔が令和に戻って来た仙夏と再会するシーン(最終話)
  2. 蔵前橋のそば
    ・俊輔が落ち込んでいる仙夏に「シュークリーム食べるか?」と言って励ましたシーン(第二話)
  3. あらかわ遊園
    ・直樹が松明を持って仙夏の前に現れたシーン(第六話)
  4. 隅田公園(浅草側)の遊具広場付近
    ・令和に戻ってきた仙夏が俊輔に会いに行くときに走ったシーン(最終話)
  5. 隅田公園(浅草側)の少年野球場付近
    ・帰ってきた仙夏に会いに行くために俊輔が走ったシーン(最終話)

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ(1)
Googleマップ(2)
Googleマップ(3)
Googleマップ(4)
Googleマップ(5)
住所:東京都

山谷堀公園

仙夏がタイムスリップしてきた公園は、東京都台東区にある山谷堀公園です。俊輔がアルバイトから帰っているときに起こった、突然の出来事でした。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都台東区東浅草1丁目4−9
最寄り駅:浅草駅(都営浅草線など)

スポンサーリンク

源森橋

仙夏がたくさんの人たちにスマホ(木札)を向けられた場所は、東京都墨田区にある源森橋です。俊輔が止めに入ったところを、ちょうど通りがかった泉美に見られてしまいました。

また、第九話で二万円もかけて取ってくれた花魁のぬいぐるみ「きららん」を抱えながら、仙夏が俊輔とのデート中に熱で倒れたシーンでも使用。最終話では、令和に戻って来た仙夏が、自分のことを忘れていた俊輔と会う場面でも登場しています。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区
最寄り駅:本所吾妻橋駅(都営浅草線)

桜橋

第一話で提案をボツにされた泉美が落ち込んでいた橋は、東京都にある桜橋です。泉美を励ますためにかけた言葉をきっかけに、仙夏と俊輔はケンカしてしまいました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都
最寄り駅:浅草駅(都営浅草線など)、とうきょうスカイツリー駅(東武スカイツリーラインなど)

ONE@Tokyo

第二話で直樹が綾子(堀田茜さん)と会ったカフェは、東京都墨田区にある「ONE@Tokyo」です。指輪のプレゼントや旅行の約束は、直樹が契約獲得のために綾子を利用するためでした。

第六話で仙夏と直樹が話した屋上も「ONE@Tokyo」です。仙夏は江戸の夜に灯される火が、帰るべき場所を教えてくれる道しるべだったことを語りました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区押上1丁目19−3
最寄り駅:押上駅(東京メトロ半蔵門線など)

吾妻橋

第二話で俊輔と泉美がデートに行くときに待ち合わせしたのは、東京都にある吾妻橋です。お互いに30分前に来るという緊張ぶりでした。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都
最寄り駅:浅草駅(都営浅草線など)

スポンサーリンク

クラブビゼ六本木

綾子が働いているキャバクラは、東京都港区にあるクラブビゼ六本木です。磯部を接待するために来た仙夏は、綾子と女のバトルを繰り広げました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都港区六本木3丁目8−15B2F瀬里奈ビレッジ
最寄り駅:六本木駅(都営大江戸線/東京メトロ日比谷線)

加賀屋(とうきょうスカイツリー駅前店)

俊輔が泉美とするデートのために選んだお店は、東京都墨田区にある加賀屋(とうきょうスカイツリー駅前店)です。失敗かと思いきや、カニみそがメニューにあったことで泉美に喜んでもらえました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区向島1丁目33−12東武鉄道第二東武館1F
最寄り駅:とうきょうスカイツリー駅(東武スカイツリーラインなど)

上野東照宮

第三話で仙夏がお百度参りした神社は、東京都台東区にある上野東照宮です。フラフラになりながらも、仙夏はお百度参りを完遂。直後に俊輔から素直じゃない電話がかかってきて、蔵地家へ帰りました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都台東区上野公園9−88
最寄り駅:上野駅(JR山手線など)

AOYUZU恵比寿

第四話で仙夏や寿乃が合コンしたお店は、東京都渋谷区にある「AOYUZU恵比寿」です。江戸好きという共通点を発見し、寿乃と宮田は盛り上がって急接近しました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都渋谷区恵比寿1丁目8−14大黒ビルB1
最寄り駅:恵比寿駅(JR山手線など)

スポンサーリンク

大森ふるさとの浜辺公園

寿乃が宮田と物見遊山(ピクニック)した公園は、東京都大田区にある大森ふるさとの浜辺公園です。寿乃は告白されて大喜び。しかし宮田が既婚者であることが発覚し、同じベンチで別れを伝えました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大田区ふるさとの浜辺公園1−1
最寄り駅:大森町駅(京急本線)

東京ミズマチ

第四話で寿乃が仙夏と俊輔を連れて贈り物を選びに来たショッピングモールは、東京都墨田区にある東京ミズマチです。ここで寿乃は、宮田に奥さんと子どもがいることを知ってしまいます。

また、第九話で仙夏が俊輔にマフラーをプレゼントしたり(隅田公園沿いの細道)、令和に残る理由を話したのも東京ミズマチです。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区向島1丁目2
最寄り駅:本所吾妻橋駅(都営浅草線)

仲池上二丁目第二児童公園

仙夏と寿乃が相撲したのは、東京都大田区にある仲池上二丁目第二児童公園です。苦しんでいた寿乃は相撲を通して本音をぶつけ、仙夏や俊輔のような恋をするために宮田との別れを決意しました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大田区仲池上2丁目6−16
最寄り駅:西馬込駅(都営浅草線)

十間橋

第四話の最後で仙夏が矢文を受け取った橋は、東京都墨田区にある十間橋です。江戸を意識して弓矢教室に通い始めた直樹は、自分のどうしたらいいかわからない気持ちを告白しようとしたところで、仙夏に止められました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区
最寄り駅:押上駅(東京メトロ半蔵門線など)

スポンサーリンク

江東公会堂ティアラこうとう

松野の娘・百合がオーディションを受けた「夢プロジェクト」のレッスン場は、東京都にある江東公会堂ティアラこうとうです。使われた施設は「リハーサル室」。付き添いで行ったはずの仙夏も、クリス・パンサーに興味を持たれてオーディションに参加することに…。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都江東区住吉2丁目28−36
最寄り駅:住吉駅(東京メトロ半蔵門線/都営新宿線)

ロトブルイタリアントーキョー

第五話で俊輔と泉美が来たレストランは、東京都中央区にあるロトブルイタリアントーキョー(LOTO BLU)です。せっかくのデートでしたが、オーディションのことが気になり、俊輔は泉美に「仙夏のことをどう思っているか」問い詰められてしまいました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都中央区築地5丁目6−4浜離宮三井ビルディング1F
最寄り駅:築地市場駅(都営大江戸線)

Rady

第六話で仙夏がアルバイトした呉服屋は、東京都渋谷区にある「Rady」です。俊輔の誕生日にサプライズで首巻き(マフラー)をプレゼントするため、得意の口上で洋服を売りまくりました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目30−3 4F 4-C
最寄り駅:明治神宮前〈原宿〉駅(東京メトロ副都心線/東京メトロ千代田線)

キャットストリート

仙夏がアルバイト先のチラシを配っていたのは、東京都渋谷区のキャットストリートです。この後、ついに俊輔にプレゼントする首巻きを購入しました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都渋谷区神宮前
最寄り駅:明治神宮前〈原宿〉駅(東京メトロ副都心線/東京メトロ千代田線)

待乳山聖天公園

首巻きを買った後に仙夏が泉美と話した公園は、東京都台東区にある待乳山聖天公園です。嫉妬のあまり、泉美は仙夏に「蔵地君のこと取らないでください」とひどいことを言ってしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都台東区浅草7丁目4−9
最寄り駅:浅草駅(都営浅草線など)

スポンサーリンク

第一下川ビルディング

泉美がヤバそうな人たちに囲まれている長兵衛を見た「蔵前第八ビル」は、東京都大田区にある第一下川ビルディングです。そして長兵衛は、お金を受け取らなかった罰としてビルに連れ込まれてしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都大田区大森北3丁目13−5
最寄り駅:大森海岸駅(京急本線)

NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL

俊輔が泉美に誕生日を祝ってもらったレストランは、東京都新宿区にある「NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL」です。しかし泉美が長兵衛を見かけたことを黙っていたため、良い雰囲気が壊れてしまいました。

第七話では泉美と直樹が来店。二人は仙夏と俊輔の関係を、散々グチり倒しました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都新宿区新宿3丁目32−6 B1F
最寄り駅:新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線など)

パークサイドヴィラ東京善福寺公園

仙夏と直樹が訪れた神宮司夫妻の豪邸は、東京都杉並区にあるパークサイドヴィラ東京善福寺公園です。すっかり面白い人と思われた仙夏は、次々と女子会に誘われてしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都杉並区善福寺3丁目8−4
最寄り駅:上石神井駅(西武新宿線)

銀座東七丁目交差点の歩道橋

週刊バックドラフトの記者・小出が直樹の記事をどう展開するか悩んでいたのは、東京都中央区にある銀座東七丁目交差点の歩道橋です。するとそこに仲良く歩く仙夏と直樹を見つけ、写真に収めます(見上げていたビルは、銀座三井ビルディングです)。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都中央区
最寄り駅:築地市場駅(都営大江戸線)

ベルモントホテル

戻しそうになった泉美を介抱するために直樹が入ったホテルは、東京都台東区にあるベルモントホテルです。この瞬間を小出が激写していたため、大変な騒動が起こってしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都台東区柳橋1丁目2−8
最寄り駅:浅草橋駅(JR中央・総武線/都営浅草線)

スポンサーリンク

グランパークタワー

俊輔の父・幸春が経営する不動産会社のビルの外観は、東京都港区にあるグランパークタワーです。父のもとに乗り込んだ俊輔はカフェの存続に成功。そんな守るべきものが出来た息子の姿を見て、幸春は少し安心しました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都港区4
最寄り駅:田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)

東日印刷

泉美が俊輔に別れを告げたのは、東京都江東区にある東日印刷の「Sky View Restaurant Tonichi」です。泉美はずっと見てきた俊輔の本当の気持ちが、仙夏にあることを涙をこらえて伝えました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都江東区越中島2丁目1−30STビル4階
最寄り駅:越中島駅(JR京葉線)

マルアイボウリング

第九話で仙夏と俊輔がデートで来たボウリング場は、東京都足立区にあるマルアイボウリングです。減点を帳消しにするために頑張る俊輔でしたが、まさかの一本も倒せずトホホな結果に…。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都足立区千住中居町17−20 3・4F マルアイビル
最寄り駅:北千住駅(つくばエクスプレスなど)

バリラックス ザ ガーデン 新宿

第九話で仙夏と俊輔がデート中に来たレストランは、東京都にある「バリラックス ザ ガーデン 新宿」です。クレーマーに絡まれて仙夏が説教…かと思いきや、いつもの決めゼリフが出ず怯えてしまいます。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都新宿区西新宿1丁目26−2新宿野村ビルB1F
最寄り駅:西新宿駅(東京メトロ丸ノ内線)

スポンサーリンク

地蔵山野営場

会社を辞めた直樹が暮らしていた場所は、東京都八王子市にある地蔵山野営場です。理由は何もかも捨ててミニマリストになるため。というのは建前で、泉美が会社にいて自分が自分でいられなくなるからでした。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都八王子市堀之内817
最寄り駅:京王堀之内駅(京王相模原線)

東京スカイツリー

江戸に帰る直前に仙夏が俊輔と来たのは、東京スカイツリーです。二人はお互いの願いを書き、仙夏はスカイツリーから見える景色を深く胸に刻み込みました。

一覧に戻る

◆ 基本情報
Googleマップ
住所:東京都墨田区押上1丁目1−2
最寄り駅:とうきょうスカイツリー駅(東武スカイツリーライン)、押上駅(東京メトロ半蔵門線など)

特定できたロケ地は以上です。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。