光る君へロケ地一覧:岩手県・茨城県・栃木県・京都府の撮影場所

光る君へロケ地一覧:岩手県・茨城県・栃木県・京都府の撮影場所

2024年にNHKで放送した大河ドラマ「光る君へ」のロケ地(撮影場所)がどこなのかを、地図交えてご紹介いたします。聖地巡礼のご参考になれば幸いです。なお、本記事にはネタバレを含みますので、放送を見ていない方は十分ご注意ください。

「光る君へ」ロケ地

特定できたロケ地は以下です。

岩手県奥州市の歴史公園えさし藤原の郷

岩手県奥州市にある「歴史公園えさし藤原の郷」が様々なシーンに使われています。具体的には以下です。

  • 東三条殿
  • 安倍晴明が「雨が降る」と言った大内裏陰陽寮(第1話)
  • 藤原道長が弓を射た場所(第2話)

「歴史公園えさし藤原の郷」の公式ホームページ

◆基本情報
住所:岩手県奥州市江刺岩谷堂小名丸86−1

茨城県石岡市の染谷佐志能神社(第1話)

ちやはが藤原為時のために願掛けをした祠は、茨城県石岡市にある染谷佐志能神社です。「式部省の少丞に任じられますように」。

◆基本情報
住所:茨城県石岡市染谷1856

栃木県小山市の鬼怒川河川敷(第1話・第2話)

まひろと三郎が出会った河原は、詳細な場所まではわかっておりませんが、栃木県小山市の鬼怒川河川敷です。

京都府京都市左京区の平安神宮(第2話)

大内裏の中の藤原道隆と藤原道長が弓を持って歩いた場所は、京都府京都市左京区にある平安神宮です。

「平安神宮」の公式ホームページ

なお、2024年の冬ドラマ「大奥」でも、平安神宮の東神苑が風景カットとして登場しました。

◆基本情報
住所:京都府京都市左京区岡崎西天王町97
最寄り駅:東山駅(京都市営地下鉄東西線)

栃木県茂木町の千本城跡(第2話)

兼家と道兼が都を見下ろした場所は、栃木県芳賀郡茂木町にある千本城跡です。道兼の役目は、帝の気を弱らせて退位を望むようにすること。

◆基本情報
住所:栃木県芳賀郡茂木町町田1380

栃木県壬生町の嘉陽が丘(第7話)

打毬をした場所は、栃木県下都賀郡壬生町にある「嘉陽が丘」です。行かないと言ったものの、まひろも見物。

「打毬は紀元前6世紀頃のペルシャを起源。日本に伝わったのはイギリスでポロとなるより何百年も前」。

◆基本情報
住所:栃木県下都賀郡壬生町上稲葉1056−8

特定できたロケ地は以上です。なお、茨城県つくばみらい市にあるワープステーション江戸も使われていますが、どのシーンだかわかっていません(散楽のシーン?)。

皆さまにとって少しでも役に立つ情報になれば嬉しいです。読んでいただき、ありがとうございました。